株式会社アルファクス・フード・システム (3814)

東京
622.0
-3.0(-0.48%)
  • 出来高:
    6,400
  • 売値/買値:
    622.0/629.0
  • 日中安値/高値:
    621.0 - 636.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3126380009

3814 概要

前日終値
625
日中安値/高値
621-636
売上
1.58B
始値
622
52週高値/安値
581-1,375
1株当たり利益
-60.22
出来高
6,400
時価総額
1.72B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
39,028
PER (株価収益率)
-
ベータ
2.61
1年の変動
-10.36%
発行済株式
2,770,736
次の決算日
2021年11月11日
株式会社アルファクス・フード・システムの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社アルファクス・フード・システム ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
テクニカル指標強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り
サマリー強い売り強い売り強い売り強い売り強い売り

株式会社アルファクス・フード・システム 企業情報

株式会社アルファクス・フード・システム 企業情報

セクター
ハイテク
従業員数
113
市場
日本

アルファクス・フード・システムは、「食文化の発展に情報システムで貢献する」ことを事業ポリシーとして、外食業界に特化した基幹業務システムのアプリケーション・サービス・プロバイダ(ASP)による提供から、飲食店店舗にて利用する販売時点(POS)情報管理システム、オーダーエントリーシステムの自社企画商品の販売及び周辺サービスの提供までをワンストップで行う。【事業内容】同社は外食企業に対し、食材原価ロス、人件費の無駄等「ヒト・モノ・カネ」といった経営コストのロスを徹底追及する「飲食店経営管理システム」を核とした各種システムの提供を行う。同社の事業は、同システムをインターネット経由で提供するASPサービス事業、同社企画のオーダーエントリーシステム(「オーダーショット」)やPOSシステム等のハード機器の販売を行うシステム機器事業、その他他社機器及びサプライ品等を販売する周辺サービス事業からなる。ASPサービス事業では、顧客の外食企業に対して売上分析システム、勤怠管理システム、在庫管理、在庫分析、受発注処理、セントラルキッチン等の基幹業務システムをASPで提供。顧客の外食企業本社やエリア本部は、インターネット端末で上記のシステムを利用し、各店舗から送信された諸データを同社独自の帳票に加工・分析されたデータとして閲覧し経営判断に用いることができる。特に同社のサービスの特長である「料理レシピデータによる在庫管理分析」(各料理のレシピを事前に登録してメニュー売上に連動させて分解することで、食材の理論在庫が把握でき、店舗ごとに理論在庫と実在庫の差異を分析する仕組み)は、調理段階のロスや、食材の過剰発注(過剰在庫)、在庫切れによるチャンスロスを未然に防ぎ、店舗単位に物理的な食材ロスを徹底的に排除・削減することができる。システム機器事業は、外食企業の本部情報分析精度を高めるために重要な情報収集端末である「POSシステム」及び「オーダーエントリーシステム」の自社企画商品の販売を行う。周辺サービス事業では、外食企業関連商品のワンストップサービスの一環として、Webサービスによる外食関連情報の発信や、顧客誘致及び事務管理の簡素化のためのポイントカード端末やクレジット端末、自動釣銭機端末、キャッシュカウントマシーン等と他社製品、及びPOSシステム、オーダーエントリーシステムに係る各消耗品の販売を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。