株式会社有沢製作所 (5208)

東京
948.0
-9.0(-0.94%)
  • 出来高:
    102,600
  • 売値/買値:
    947.0/949.0
  • 日中安値/高値:
    937.0 - 952.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3126000003

5208 概要

前日終値
957
日中安値/高値
937-952
売上
45.98B
始値
950
52週高値/安値
844-1,118
1株当たり利益
91.54
出来高
102,600
時価総額
31.56B
配当
53.00
(5.59%)
平均出来高 (3か月)
112,303
PER (株価収益率)
11.69
ベータ
0.85
1年の変動
-2.47%
発行済株式
33,288,515
次の決算日
2022年2月09日
株式会社有沢製作所の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社有沢製作所 企業情報

セクター
情報技術
従業員数
1433
市場
日本

有沢製作所は、電子材料、ディスプレイ材料、電気絶縁材料、産業用構造材料を製造・販売する。【事業内容】各事業に関連する商品の販売、物流及びその他のサービスの事業活動を展開する。電子材料事業においては、電子材料として使用されるフレキシブル及びリジットプリント配線板用材料等は製造・販売を行い、プリント配線板用硝子クロスは子会社のアリサワファイバーグラスが製造する。また、フレキシブルプリント配線板用材料等については、子会社の新揚科技及び関連会社の台虹科技においても当該製品の製造・販売を行う。ディスプレイ材料事業においては、ディスプレイ材料として使用される反射防止フィルム、3D表示フィルター等は製造・販売を行い、子会社のカラーリンク・ジャパンが特殊光学フィルムの製造・販売を、この後工程を有沢電子(大連)でも行い、アスナが3D表示機器の販売を行う。また、関連会社のポラテクノが液晶表示用偏光板等の製造・販売を、DDD Group plcが3Dソフトウェアの開発・販売を、和詮科技がスクリーン等の製造・販売を行う。電気絶縁材料事業においては、電気絶縁材料として使用される硝子クロス・テープは子会社のアリサワファイバーグラスが製造し販売を行う。また、電気絶縁用プリプレグ等は製造・販売を行うほか、子会社の有沢樹脂工業が製造を行う。産業用構造材料事業においては、産業用構造材料として使用されるFW成形品はプロテックアリサワジャパン、Protec Arisawa Europe, S.A.及びProtec Arisawa America, Inc.が、航空機用ハニカムパネル及びプリプレグ等は引抜成形品、FRPスキーシート等は子会社の有沢総業がそれぞれ製造・販売を行う。関連商品販売事業においては、電気絶縁材料及び産業用構造材料事業の関連商品は、で販売を行うほか、子会社の有沢建販でも販売を行う。その他事業においては、子会社の有沢総業が物流業務及びゴルフ練習場の経営を行う。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均売り中立中立買い強い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い売り売り売り
サマリー中立買い売り中立中立
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。