麻生フオームクリート株式会社 (1730)

東京
583.0
+3.0(+0.52%)
  • 出来高:
    1,400
  • 売値/買値:
    580.0/584.0
  • 日中安値/高値:
    580.0 - 583.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3119990004

1730 概要

前日終値
580
日中安値/高値
580-583
売上
4.5B
始値
580
52週高値/安値
518-663
1株当たり利益
34.13
出来高
1,400
時価総額
1.99B
配当
10.00
(1.72%)
平均出来高 (3か月)
7,495
PER (株価収益率)
22.08
ベータ
1.47
1年の変動
0.34%
発行済株式
3,416,333
次の決算日
2021年11月04日
麻生フオームクリート株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

麻生フオームクリート株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立中立売り売り買い
テクニカル指標買い買い買い強い売り中立
サマリー中立中立中立強い売り中立

麻生フオームクリート株式会社 企業情報

麻生フオームクリート株式会社 企業情報

従業員数
102
市場
日本

麻生フオームクリートグループは、主に建設業を行う会社である。【事業内容】気泡コンクリートの現場施工、地盤改良工事の施工、その他工事の施工及び工事用資材(起泡剤等)の商品の販売を行う。気泡コンクリート工事は、軽量盛土工事、管路中詰工事及び空洞充填工事の施工を行う。軽量盛土工事は、発泡セメントバンキング(FCB)工法、PCW(プレキャスト)工法で、軟弱地盤上の盛土、急斜面及び地滑り地での盛土、道路拡幅用地に制限がある場所等での拡張盛土、橋台裏込め盛土、落石防護工事等を行う。管路中詰工事は、強化プラスチック複合管(FRPM管)によるシールド二次覆工で下水道工事のシールド二次覆工を行う。空洞充填工事は、エアパック工法、非空気長距離グラウト注入法(NLG工法)で、トンネルや深礎杭の裏込め、地下壕埋戻し、廃棄管や廃坑の充填、家屋床下充填、タンク底盤充填等を行う。地盤改良工事は、アスコラム工法、鋼管ソイルセメント杭工法(HYSC杭工法)、パワーブレンダー工法、拡縮コラム工法及び拡縮(L&R)ジオファイン工法で施工する。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。