🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 (4576)

東京
通貨 JPY
免責条項
87.0
-3.0(-3.33%)
終了
4576スコア
詳細分析
貸借対照表上で債務より多くの現金を保有しています
52週最安値圏での取引
適正価格
日中安値/高値
85.089.0
52週高値/安値
85.0238.0
売値/買値
86.00 / 88.00
前日終値
90
始値
86
日中安値/高値
85-89
52週高値/安値
85-238
出来高
640,200
平均出来高 (3か月)
346,773
1年の変動
-57.77%
フェアバリュー
見る
フェアバリュー上昇/下落余地
見る
4576スコアpro icon
企業の健全性
pro lock見る
フェアバリュー
pro lock開放価格
適正価格pro lock
上昇余地pro lock
テクニカル
強い売り
アナリストのセンチメント
現在サポートされていません。
メンバーのセンチメント
弱気
強気
Proのヒント
すばらしい売上総利益率

株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 企業情報

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所の事業は、医薬品の研究開発を行い、開発早期段階において開発品を製薬会社等にライセンスアウトすることによって収益を獲得する創薬事業を展開している。【事業内容】平成24年12月31日現在、製薬会社へのライセンスアウトが完了した同社が保有するパイプラインには、国内後期第Ⅱ相臨床試験、米国前期第Ⅱ相臨床試験終了段階の抗血小板剤(閉塞性動脈硬化症)K-134、国内第Ⅲ相臨床試験段階の緑内障治療剤(緑内障)K-115、並びに米国第Ⅰ相臨床試験終了段階の抗癌剤(固形癌)HMN-214が含まれた。また、新規開発プロジェクトとして、新規緑内障治療剤とシグナル伝達阻害剤開発プロジェクト(高血圧治療剤、神経保護剤、粥状動脈硬化治療剤、眼科関連治療剤、抗癌剤等)を進めている。なお、同社はプロテインキナーゼを中心とした阻害剤の研究開発を進めている。同社はまたBBG250を含有する眼科手術補助剤にかかる事業に従事する。

セクター
医療
従業員数
20
市場
日本
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます