株式会社DNAチップ研究所 (2397)

東京
574.0
+6.0(+1.06%)
  • 出来高:
    19,300
  • 売値/買値:
    572.0/575.0
  • 日中安値/高値:
    568.0 - 576.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3548590003

2397 概要

前日終値
568
日中安値/高値
568-576
売上
336.17M
始値
569
52週高値/安値
518-1,119
1株当たり利益
-30.27
出来高
19,300
時価総額
3.37B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
29,962
PER (株価収益率)
-
ベータ
1.32
1年の変動
-36.92%
発行済株式
5,869,800
次の決算日
2021年10月27日
株式会社DNAチップ研究所の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社DNAチップ研究所 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均買い中立売り強い売り強い売り
テクニカル指標買い買い強い売り強い売り強い売り
サマリー買い中立強い売り強い売り強い売り

株式会社DNAチップ研究所 企業情報

株式会社DNAチップ研究所 企業情報

セクター
医療
従業員数
29
市場
日本

DNAチップ研究所は受託解析及びDNAチップ(マイクロアレイ)・次世代シークエンス関連技術を行う研究受託事業、「EGFR-NGS Check」を中心に医療関連機器等に診断関連検査の販売を行う診断事業を主な事業の内容とする。【事業内容】研究受託事業では、大学・研究機関、製薬・食品会社などを主要顧客としてマイクロアレイ、次世代シークエンス実験解析等を行う。診断事業は遺伝子解析技術を活用し、社会のニーズである「個別化医療」や「未病社会」に対応した検査を広めることを目的とした事業で、医療関連機関や研究機関、企業等を主要な対象顧客とする。診断事業の主なメニューは、がん患者を対象とした低侵襲性のコンパニオン診断として、イレッサに代表されるEGFRチロシンキナーゼ阻害剤に対するの感受性の状況を血中腫瘍DNAを用いて調べるものである「EGFR-NGS Check」の他、「免疫年齢」・「リウマチェック3」などがある。研究開発事業は次世代シーケンサーを使用したがん診断技術に関する研究、RNAチェックの開発を含む。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。