株式会社エンバイオ・ホールディングス (6092)

東京
774.0
+8.0(+1.04%)
  • 出来高:
    32,800
  • 売値/買値:
    766.0/774.0
  • 日中安値/高値:
    766.0 - 786.0
決算発表は14日後の予定です

エンバイオ・ホールディングスは四半期の決算を14日後に発表します。トレーダーはこれを考慮に入れるべきです。株価はこの期間近辺で変動することがよくあるからです。

6092 概要

前日終値
766
日中安値/高値
766-786
売上
10.32B
始値
766
52週高値/安値
515-852
1株当たり利益
188.28
出来高
32,800
時価総額
5.13B
配当
8.00
(1.09%)
平均出来高 (3か月)
47,515
PER (株価収益率)
4.11
ベータ
1.21
1年の変動
31.81%
発行済株式
6,642,856
次の決算日
2023年2月12日
エンバイオ・ホールディングスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社エンバイオ・ホールディングス ニュース

株式会社エンバイオ・ホールディングス 企業情報

株式会社エンバイオ・ホールディングス 企業情報

セクター
製造業
従業員数
80
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3169730003

エンバイオ・ホールディングスは、持株会社である同社、連結子会社3社(アイ・エス・ソリューション、ランドコンシェルジュ、ビーエフマネジメント)及び関連会社1社(江蘇聖泰実田環境修復)により構成される。【事業内容】同社グループは、土壌汚染の調査・浄化工事・リスクコンサルティングを行う土壌汚染対策事業、土壌汚染関連機器・資材販売事業及び土壌汚染地の有効活用を支援するブラウンフィールド活用事業を主要な事業とし、土地の健全な活用の妨げになるとして社会問題化している土壌汚染問題の解決を目指している。同社グループの顧客は、工場、ガソリンスタンド等の土地を保有又は賃借している企業、工場等の跡地を再開発しようとする不動産関連企業及び建設関連企業が中心となり、土地の汚染調査、施設の解体・土地改変時において、同社グループのサービス・商品が使用されている。土壌汚染対策事業は、土壌汚染の調査、浄化工事の設計・施工及び施主へのリスクコンサルティングを行う。土壌汚染関連機器・資材販売事業は、原位置調査・原位置浄化に使用する機器・資材・浄化用薬剤の輸入販売を行う。ブラウンフィールド活用事業は、土壌汚染地を現状有姿でリスクを見込んで購入し浄化後再販を行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い買い
テクニカル指標買い売り強い買い強い買い買い
サマリー強い買い中立強い買い強い買い買い