株式会社フルッタフルッタ (2586)

東京
91.0
+6.0(+7.06%)
  • 出来高:
    898,300
  • 売値/買値:
    91.0/92.0
  • 日中安値/高値:
    84.0 - 94.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3828300008

2586 概要

前日終値
85
日中安値/高値
84-94
売上
775.41M
始値
84
52週高値/安値
84-438
1株当たり利益
-24.36
出来高
898,300
時価総額
2.12B
配当
N/A
(N/A)
平均出来高 (3か月)
641,339
PER (株価収益率)
-
ベータ
0.46
1年の変動
-73.39%
発行済株式
23,284,940
次の決算日
2022年2月13日
株式会社フルッタフルッタの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社フルッタフルッタ 企業情報

セクター
生活必需品
従業員数
19
市場
日本

フルッタフルッタは、ブラジル連邦共和国パラ州のトメアス総合農業協同組合の日本総代理店として、アサイーをはじめとするアマゾンフルーツ冷凍パルプを輸入し、加工販売する。【事業内容】同社は、「健康・本物」を基本に据えて、主力商品であるアサイーを中心に、まさに天然のサプリメントといえるアマゾンフルーツをわが国に普及、拡大すべく事業を展開する。また、同社の取り扱うアマゾンフルーツ原料の一部は、アグロフォレストリーという農法を使用したもので、アマゾンの森林荒廃地を再生させる効果があることから、直接的に熱帯雨林再生へ貢献することができる。ナショナル・ブランド事業部門(NB事業部門) は、量販店、スーパーマーケットやコンビニエンスストア等リテール向けに、アサイー等のアマゾンフルーツを主原料とした自社ブランド等の製品を販売する事業である。主な製品は、カートカン製品「フルッタアサイー エナジーオリジナル」「フルッタアサイー ビューティーザクロ」「フルッタアサイー ベーシック」、ゲーブルトップタイプ「フルッタアサイー エナジーオリジナル1000g」「フルッタアサイー ビューティーザクロ1000g」、冷凍商品「アサイーボウルミックス」、ゼリー飲料「アサイーチャージシリーズ」等。アグロフォレストリー・マーケティング事業部門(AFM事業部門)は、外食店や食品メーカー等に対して冷凍フルーツパルプやその加工品等を販売する事業と、アグロフォレストリーの畑でできる冷凍フルーツパルプ以外の産物を原料として種々の企業に販売する事業に区分される。ダイレクト・マーケティング事業部門(DM事業部門)は、「フルッタフルッタアサイーカフェ」、「フルッタフルッタアサイーファクトリー」等の直営店舗の運営、及び自社WEB等を利用した通信販売を行う事業である。店舗事業は、「FRUTA FRUTA」のブランド力を向上させるための情報発信源としての位置づけがあるとともに、中長期的に多店舗化を見据えた重要な事業として捉える。現在は、「アサイーカフェ 渋谷ヒカリエ ShinQs店」、「アサイーカフェ 玉川高島屋S・C店」、「アサイーファクトリー イオン幕張新都心店」の3店舗を展開する。直営店では、フレッシュジュースとアサイーボウルを主力商品とし、あわせてNB製品、グラノーラ、ソフトクリームなどの商品も取り扱う。通販事業は、アサイードリンクシリーズ等のアサイージュースや冷凍フルーツパルプ等に加えて、直営店舗との連携を活かした「アサイーカフェシリーズ」を展開する。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立買い中立売り強い売り
テクニカル指標売り買い強い買い強い売り強い売り
サマリー中立買い買い強い売り強い売り
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。