富士フイルムホールディングス株式会社 (4901)

69.2000
-0.3400(-0.49%)
  • 出来高:
    225
  • 売値/買値:
    0.0000/0.0000
  • 日中安値/高値:
    69.2000 - 69.4200
  • タイプ:株式
  • 市場:ドイツ
  • ISIN:JP3814000000
  • WKN:854607

4901 概要

前日終値
69.54
日中安値/高値
69.2-69.42
売上
-
始値
69.42
52週高値/安値
41-77.64
1株当たり利益
-
出来高
225
時価総額
27.87B
配当
0.76
(1.24%)
平均出来高 (3か月)
148
PER (株価収益率)
17.07
ベータ
-
1年の変動
57.33%
発行済株式
399,820,589
次の決算日
-
富士フイルムホールディングスの相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

富士フイルムホールディングス ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均買い買い買い買い強い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い売り強い買い
サマリー強い買い強い買い強い買い中立強い買い

富士フイルムホールディングス 企業情報

富士フイルムホールディングス 企業情報

セクター
医療
従業員数
73275
市場
日本

富士フイルムホールディングスは、写真関係、医療・印刷・液晶ディスプレイ材料及び複写機などの事業を展開する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントを通じて運営する。イメージングソリューション事業は、主に一般消費者向けにカラーフィルム、デジタルカメラ、写真プリント用カラーペーパー・サービス・機器、インスタントフォトシステム、光学デバイス等の開発、製造、販売、サービスを行う。ヘルスケア&マテリアルズソリューション事業は、主に業務用分野向けにメディカルシステム機材、化粧品・サプリメント、医薬品、バイオ医薬品製造開発受託、再生医療製品、化成品、グラフィックシステム機材、インクジェット機材、ディスプレイ材料、記録メディア、電子材料等の開発、製造、販売、サービスを行う。ドキュメントソリューション事業は、主に業務用分野向けにデジタル複合機、パブリッシングシステム、ドキュメントマネジメントソフトウェア及び関連ソリューション・サービス等の開発、製造、販売、サービスを行う。

詳細を読む
  • 祝10,000円の大台‼️ おめでとうございます㊗️
    0
    • やっと富士フィルムが評価されました!がんばれ!
      2
      • インドに頑張って売って下さい。
        1
        • なんで下がるんだ
          1
          • アビガン錠が一過性と認識されたかららしいです。ただ、無料提供する30か国と臨床研究を拡大するということで、富士フィルムは患者のデータ回収できるのでは。
            1
        • 富士フィルム、押し上げろ! アビガン 錠は初期段階ならウイルスの増殖を抑えるのに有効。先月から投与を始めているから政府の報告は来週あたり?PCR検査なんてスルーして、そのままCTで確認し、感染者にはアビガン 錠を処方すれば手間も省ける。妊婦さんなどは投与が難しいけれど、それ以外の副作用ってないですよね?200万畳もあるのだから、日本国内は抑えられるのでは?もともと留保していただけの薬なんだから、アビガン を通して商売するより、世界貢献した方が富士フィルムの株が上がると思うのです。がんばれ、富士フィルム!
          2
          • ガンバレ、富士フィルム!
            0
            免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
            Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
            上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。