扶桑化学工業株式会社 (4368)

東京
4,635.0
-5.0(-0.11%)
  • 出来高:
    9,100
  • 売値/買値:
    4,630.0/4,640.0
  • 日中安値/高値:
    4,615.0 - 4,680.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3822600007

4368 概要

前日終値
4,640
日中安値/高値
4,615-4,680
売上
47.04B
始値
4,680
52週高値/安値
3,520-5,420
1株当たり利益
231.43
出来高
9,100
時価総額
163B
配当
50.00
(1.08%)
平均出来高 (3か月)
77,664
PER (株価収益率)
20.70
ベータ
0.93
1年の変動
22.32%
発行済株式
35,243,575
次の決算日
2022年2月01日
扶桑化学工業株式会社の相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

扶桑化学工業株式会社 企業情報

産業
化学品
セクター
原材料
従業員数
794
市場
日本

扶桑化学工業グループは、同社、および連結子会社7社で構成され、ライフサイエンス事業および電子材料・機能性化学品事業の2分野に関係する事業を行う。【事業内容】ライフサイエンス事業は、同社(本社、東京本社、新大阪事業所、福岡営業所、大阪工場、十三工場)、連結子会社である扶桑コーポレーション、海洋化学、青島扶桑精製加工、青島扶桑貿易、FUSO (THAILAND) CO.,LTD.、PMP Fermentation Products, Inc.が、果実酸類、応用開発商品の製造・販売を行う。果実酸類製品は、リンゴ酸、クエン酸、グルコン酸等の果実酸を中心に構成し、飲料、加工食品に使用する酸味料、pH調整剤、酸化防止剤等の食品分野での用途を中心に、洗剤、化粧品、表面処理剤、コンクリート用混和剤、電子機器等の工業分野での用途に至るまで幅広く使用されている。応用開発商品は果実酸等の同社グループ製品を原料として、食品分野、工業分野に幅広く用途開発する商品であり、麺食品の品質改良剤、加工食品の日持ち向上剤、養殖海苔用品質向上剤、食品製造メーカーにおけるトータル・サニテーション、金属加工の改善等に用いられる。電子材料および機能性化学品事業は、同社(東京本社、京都事業所、東京研究所)、扶桑化学(青島)が、電子材料、機能性化学品の製造・販売を行う。電子材料は、研磨剤原料用途として利用されている超高純度コロイダルシリカを中心に製品構成している。この製品は、半導体業界を中心に需要があり、微細化、高集積化される次世代半導体集積回路の製造に必要な化学的機械的平坦化(CMP)スラリーにも対応している。機能性化学品は、プラスチック、塗料の添加剤および香料、化粧品の原料としての用途に使用される樹脂添加剤や、精密化学薬品製造の技術を活かしたファインケミカルを製造・販売している。同社は有機酸事業も含む。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い売り強い売り強い売り強い売り買い
テクニカル指標強い売り売り買い強い売り強い買い
サマリー強い売り強い売り中立強い売り強い買い
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。