川崎近海汽船株式会社 (9179)

東京
3,005.0
-5.0(-0.17%)
  • 出来高:
    1,300
  • 売値/買値:
    2,987.0/3,010.0
  • 日中安値/高値:
    2,987.0 - 3,010.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3224000004

9179 概要

前日終値
3,010
日中安値/高値
2,987-3,010
売上
37.49B
始値
3,010
52週高値/安値
2,351-3,600
1株当たり利益
-13.01
出来高
1,300
時価総額
8.82B
配当
100.00
(3.33%)
平均出来高 (3か月)
7,089
PER (株価収益率)
14.46
ベータ
0.75
1年の変動
24.69%
発行済株式
2,935,481
次の決算日
2021年10月28日
川崎近海汽船株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

川崎近海汽船株式会社 ニュース

  • 川崎近海汽船<9179>のフィスコ二期業績予想
    • 執筆:Fisco-

    ※この業績予想は2019年2月22日に執筆されたものです。 最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。川崎近海汽船 (T:9179)3ヶ月後予想株価3,4...

  • 川崎近海汽船<9179>のフィスコ二期業績予想
    • 執筆:Fisco-

    ※この業績予想は2018年11月19日に執筆されたものです。 最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。 川崎近海汽船 (T:9179)3ヶ月後予想株価3,4...

  • 川崎近海汽船<9179>のフィスコ二期業績予想
    • 執筆:Fisco-

    ※この業績予想は2018年8月20日に執筆されたものです。 最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。 川崎近海汽船 (T:9179)3ヶ月後予想株価4,00...

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立中立中立売り中立
テクニカル指標売り売り強い買い強い売り強い買い
サマリー中立中立買い強い売り買い

川崎近海汽船株式会社 企業情報

川崎近海汽船株式会社 企業情報

セクター
交通
従業員数
515
市場
日本

川崎近海汽船グループは、主に近海地域における一般貨物船による海上輸送並びに、内航船及びフェリーによる国内海上輸送を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて運営する。内航部門は、不定期船輸送、定期船輸送、フェリー輸送を行う。不定期船輸送は、日本国内における内地諸港の不定期航路で行う。定期船輸送には、苫小牧/東京、日南/細島/東京、苫小牧・釧路/仙台・東京・名古屋・大阪、常陸那珂/苫小牧、釧路/日立、苫小牧/常陸那珂/清水/大分の航路がある。フェリー輸送は、八戸/苫小牧、宮古/室蘭の航路がある。近海部門は、バルク貨物輸送、木材貨物輸送、鋼材・雑貨輸送を行う。バルク貨物輸送の航路は、ロシア・ベトナム・インドネシア/日本(石炭)、日本/韓国(スラグ)、タイ/日本・フィリピン・マレーシア(石膏)、タイ/日本・韓国(砂糖)、フィリピン/日本(ドロマイト)、北米・カナダ/日本(穀物)、日本/韓国・シンガポール(セメント)である。木材貨物輸送の航路は、マレーシア・インドネシア・ベトナム/日本である。鋼材・雑貨輸送の航路は、日本/マレーシアである。オフショア支援船(OSV)部門は、オフショア支援船事業を行う。また、不動産賃貸事業を行う。子会社等は船舶の貸渡し、船舶の管理、船用品の販売、船舶用機器の賃貸等の業務を、フェリーターミナルにおいて売店や食堂によるサービスの提供を行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。