株式会社小田原機器 (7314)

東京
540.0
0.0(0.00%)
  • 出来高:
    900
  • 売値/買値:
    530.0/541.0
  • 日中安値/高値:
    540.0 - 540.0

7314 概要

前日終値
540
日中安値/高値
540-540
売上
4.28B
始値
540
52週高値/安値
463-557
1株当たり利益
44.19
出来高
900
時価総額
1.69B
配当
15.00
(2.78%)
平均出来高 (3か月)
1,467
PER (株価収益率)
13.94
ベータ
0.614
1年の変動
0%
発行済株式
3,133,288
次の決算日
2022年11月13日
小田原機器の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

株式会社小田原機器 ニュース

株式会社小田原機器 企業情報

株式会社小田原機器 企業情報

セクター
情報技術
従業員数
203
市場
日本
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3196610004

小田原機器グループは、製品の企画及び開発、販売、生産管理並びに品質管理等を担当する同社と製製品品の製造及びメンテナンスサービスを担当する連結子会社のオーバルテックにより構成される。【事業内容】同社グループは、路線バス、鉄道関連のワンマン機器の専門メーカーとして、運賃箱、カード関連機器等の製造販売を行う。同社は、バス運賃箱メーカーとして、本社内営業所を含む国内5箇所の営業所のほか、代理店契約を締結している地域の有力な販売代理店を通じて、バス機器市場で全国的に事業を展開する。運賃箱や運賃箱用金庫等の運賃箱関連製品、非接触型集積回路(IC)カード等の電子マネーによる運賃精算に対応するためのカード機器関連製品といった「車載機器分野」の製品が主な製品となる。「バス機器」と呼ばれる製品には「地上機器分野」の製品もあり、バス事業者の営業所等において、運賃箱用金庫から現金やカードの運賃精算データを集計する精算機等が、同分野における同社の主力製品となる。同社は、即時計数式運賃箱、汎用型運賃箱、運賃箱用金庫、運賃箱用ソフトウエアなどの運賃箱関連製品、および磁気カード機器、非接触ICカード機器、カード機器用ソフトウエアなどのカード機器関連製品のほか、整理券発行機、精算装置、データ管理サーバー、ソフトウエアなどその他のバス用機器、アフターサービスとして製品の修理や仕様変更などの現地対応、保守用部品の販売、ならびに発光ダイオード(LED)式運賃表示器及び行先表示器などの表示器関連製品及び整理券発行機のロール紙などの消耗品を販売する。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い買い
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い買い