大阪有機化学工業株式会社 (4187)

東京
3,460.0
+230.0(+7.12%)
  • 出来高:
    197,400
  • 売値/買値:
    3,450.0/3,460.0
  • 日中安値/高値:
    3,265.0 - 3,460.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3187000009

4187 概要

前日終値
3,230
日中安値/高値
3,265-3,460
売上
33.22B
始値
3,290
52週高値/安値
2,501-4,685
1株当たり利益
197.03
出来高
197,400
時価総額
76.65B
配当
50.00
(1.45%)
平均出来高 (3か月)
118,136
PER (株価収益率)
17.56
ベータ
1.18
1年の変動
30.96%
発行済株式
22,153,680
次の決算日
2022年1月12日
大阪有機化学工業株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

大阪有機化学工業株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い買い売り買い
テクニカル指標強い買い買い強い買い強い売り買い
サマリー強い買い強い買い強い買い強い売り買い

大阪有機化学工業株式会社 企業情報

大阪有機化学工業株式会社 企業情報

セクター
素材
従業員数
435
市場
日本

大阪有機化学工業グループは、有機化学工業薬品の製造販売を主な業務とする。【事業内容】同社グループは3つの事業セグメントにより構成される。化成品事業セグメントは塗料・粘接着剤・インキ向け等特殊アクリル酸エステル及びアクリル酸の製造販売を行う。エステル化技術、蒸留精製技術、重合防止技術を基に自動車・建築等の塗料、粘接着材、コーティング材やエレクトロ分野へのポリマー原料として、同社製品をマルチパーパス生産設備で多品種少量生産対応により事業展開する。電子材料事業セグメントはディスプレイ・半導体を中心とした電子材料の製造販売を行う。エステル化技術、蒸留精製技術、ポリマー合成技術、精密合成技術を基に、アクリル酸エステル類の光硬化性の特徴を活かしたアクリル酸エステル製品及びアクリル酸エステルから誘導化した機能性ポリマー製品を電子材料原料として電子産業分野へ事業展開する。機能化学品事業セグメントは、化粧品向け原材料、機能材料等の製造販売を行う。エステル化技術、蒸留精製技術、ポリマー合成技術、精密合成技術を基に、頭髪用機能性ポリマー製品、各種中間体原料及び特殊溶剤としての機能材料等を関連産業分野へ事業展開する。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。