松竹株式会社 (9601)

東京
13,020.0
+500.0(+3.99%)
  • 出来高:
    34,600
  • 売値/買値:
    13,010.0/13,030.0
  • 日中安値/高値:
    12,790.0 - 13,040.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3362800009

9601 概要

前日終値
12,520
日中安値/高値
12,790-13,040
売上
58.16B
始値
12,790
52週高値/安値
11,140-16,260
1株当たり利益
-660.73
出来高
34,600
時価総額
178.82B
配当
10.00
(0.07%)
平均出来高 (3か月)
44,921
PER (株価収益率)
-
ベータ
1.35
1年の変動
-14.73%
発行済株式
13,734,008
次の決算日
2021年10月13日
松竹株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

松竹株式会社 ニュース

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い強い買い買い
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い買い強い売り
サマリー強い買い強い買い強い買い強い買い中立

松竹株式会社 企業情報

松竹株式会社 企業情報

産業
映画
セクター
サービス
従業員数
1427
市場
日本

松竹企業グループは、映像関連事業、演劇事業、不動産事業、その他を主たる事業とする。【事業内容】映像関連事業においては、主要な業務は劇場用映画の製作・売買・配給・興行、映画劇場・売店の経営、テレビ映画の制作・販売、コマーシャル(CM)の企画・製作、放送衛星(BS)・通信衛星(CS)・有線テレビ放送(CATV)のソフト製作・編集・放送、衛星基幹放送、一般放送、ビデオソフトの製作・買付・販売、宣伝の企画・制作・代理等である。劇場用映画について、同社が製作・売買・配給する他、子会社松竹撮影所が製作し、子会社松竹マルチプレックスシアターズが興行を行う。劇場売店の経営について、子会社松竹マルチプレックスシアターズが行う。テレビ映画について、同社が制作・販売する他、松竹撮影所が制作を行う。映画・テレビ等のCMの企画・製作について、松竹撮影所が行う。BS・CS・CATVのソフト製作・編集・放送について、同社が製作する他、子会社衛星劇場が製作・編集・放送を行い、子会社松竹映像センターが映像ソフトの企画・製作を行う。ビデオソフトの製作・買付・販売について、同社が行う。演劇事業においては、主要な業務は演劇の企画・製作・興行、俳優・タレントの斡旋等である。同社の他、子会社松竹芸能、松竹エンタテインメントが行う。不動産事業においては、主要な業務は所有不動産の賃貸等である。同社の他、子会社匿名組合築地ビルキャピタル、松竹衣裳、松竹映像センター、KSビルキャピタル特定目的会社、関連会社歌舞伎座、サンシャイン劇場、新橋演舞場が行う。その他においては、主要な業務は、舞台衣裳の製作・売買・賃貸、プログラムの製作・販売、キャラクター商品の企画・販売、演劇舞台の大道具・小道具・音響の製作・販売、音楽著作権の利用開発・許諾、不動産の管理・清掃等である。舞台衣裳の製作・売買・賃貸は子会社松竹衣裳、日本演劇衣裳が行う。プログラムの製作・販売及びキャラクター商品の企画・販売は同社が行う。演劇舞台の大道具・小道具・音響の製作・販売は子会社歌舞伎座舞台、関西美術、ショウビズスタジオが行う。音楽著作権の利用開発・許諾は子会社松竹音楽出版が行う。不動産の管理・清掃は子会社松竹サービスネットワーク、松竹関西サービスが行う。演劇劇場内イヤホンガイドサービスは関連会社イヤホンガイドが行う。食堂・飲食店舗・売店の経営は関連会社歌舞伎座サービスが行う。

詳細を読む
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。