ステラケミファ株式会社 (4109)

東京
2,430.0
+30.0(+1.25%)
  • 出来高:
    34,200
  • 売値/買値:
    2,425.0/2,430.0
  • 日中安値/高値:
    2,415.0 - 2,450.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3399720006

4109 概要

前日終値
2,400
日中安値/高値
2,415-2,450
売上
37.3B
始値
2,450
52週高値/安値
2,210-3,230
1株当たり利益
424.49
出来高
34,200
時価総額
30.41B
配当
60.00
(2.47%)
平均出来高 (3か月)
46,556
PER (株価収益率)
5.72
ベータ
1.28
1年の変動
-17.54%
発行済株式
12,513,791
次の決算日
2022年8月08日
ステラケミファの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

ステラケミファ株式会社 企業情報

ステラケミファ株式会社 企業情報

産業
化学品
セクター
原材料
従業員数
813
市場
日本

ステラケミファグループは、同社、子会社11社(ブルーエキスプレス、STELLA CHEMIFA SINGAPORE PTE LTD、浙江瑞星フッ化工業、ステラファーマ及びコスメドステラ他)及び関連会社1社(フェクト)で構成され、高純度薬品の製造、仕入、販売を主な内容としている他、運輸事業等を行う。【事業内容】高純度薬品事業は、フッ化物を中心とする高純度薬品などの製造及び販売を行う。同社製品の用途は、半導体デバイスの高集積度化を可能にする超高純度エッチング剤や洗浄剤、シリコンウェハにパターンを焼き付けるステッパーのレンズ原料などに使われる。また、携帯電話、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ノート型パソコン、電動アシスト自転車、ハイブリッド車などに使われるリチウムイオン二次電池用の電解質、その他、液晶用ガラスの表面処理剤、フロンガス及びフッ素樹脂の原料、医薬及び農薬などの中間原料などに使われている。運輸事業は主に、化学製品に特化した物流事業を中心に、倉庫保管業、通関業などを行う。メディカル事業は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)に使用するがん治療薬の開発・研究を行う。コスメティック事業は基礎化粧品を中心に、化粧品販売業を行う。エネルギーマネジメント事業は、ネットワーク関連機器及びソフトウェアの開発や販売を行う。その他事業は自動車整備業、保険代理業、蓄光製品の製造販売業等を行う。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い買い中立売り強い売り
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い強い売り強い売り
サマリー強い買い強い買い買い強い売り強い売り