🔥 当社AIが選択した株式戦略、テクノロジー大手、は5月までに+7.1%の上昇。株式がブームなうちに行動を起こしましょう。40%割引で開始

株式会社テラスカイ (3915)

東京
通貨 JPY
免責条項
2,006.0
-5.0(-0.25%)
終了
3915スコア
適正価格
日中安値/高値
1,966.02,034.0
52週高値/安値
1,353.03,175.0
売値/買値
2,001.00 / 2,009.00
前日終値
2,011
始値
1,971
日中安値/高値
1,966-2,034
52週高値/安値
1,353-3,175
出来高
54,900
平均出来高 (3か月)
226,467
1年の変動
-18.46%
発行済株式
12,910,264
フェアバリュー
見る
配当支払の流れ
見る
テクニカル
強い売り
売り
中立
買い
強い買い
強い売り
日足
週単位
月単位
詳細を見る

こちらもご検討ください

3915の今日の相場は強気?弱気?
投票してコミュニティの結果を見ましょう。
または

株式会社テラスカイ 企業情報

テラスカイグループは、同社、連結子会社2社及び持分法適用関連会社1社で構成され、「クラウド世代のリーディング・カンパニー」を目指し、クラウドにおける「ソリューション事業」及び「製品事業」を展開する。【事業内容】ソリューション事業において、「クラウドインテグレーション」、「クラウドコンサルティング」、「クラウドERP」の3サービスを中心として提供する。特に、「クラウドインテグレーション」は、同社がセールスフォース・ドットコムのパートナーとして創業して以来の継続事業であり、同社事業を牽引する構造となっている。製品事業において、同社グループは、SaaS(インターネット経由のソフトウエア)ベンダーとして、「SkyVisualEditor」、「SkyOnDemand」といった、クラウドサービスの開発・提供をおこなっており、国内のみならず、海外においても、製品販売を展開する。また、これらのクラウドサービスについては、利用期間に応じた月額サービスとなる。その他のサービスについて、クラウド上ではなく、オンプレミスによる連携ツール「DCSpider」(アプレッソが開発した「DataSpider」を同社がOEM化)の提供も行う。なお、同社の製品事業においては、製品の提供のみにとどまらず、顧客企業のニーズに合わせ、保守サービスについても提供を行う。セールスフォース・ドットコムと販売パートナー契約を締結しており、「Salesforce」のライセンス販売も行う。

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます