テスラ (TSLA)

675.00
+9.40(+1.41%)
  • 出来高:
    136
  • 売値/買値:
    0.00/0.00
  • 日中安値/高値:
    668.98 - 680.00

TSLA 概要

前日終値
665.6
日中安値/高値
668.98 - 680
売上
-
始値
680
52週高値/安値
154 - 888
1株当たり利益
-
出来高
136
時価総額
647.71B
配当
N/A (N/A)
平均出来高 (3か月)
260
PER (株価収益率)
-
ベータ
-
1年の変動
338.31%
発行済株式
-
次の決算日
2021年8月03日
テスラの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

テスラ ニュース

テスラ 分析

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均売り買い
テクニカル指標強い売り強い買い
サマリー強い売り強い買い

テスラ 企業情報

テスラ 企業情報

テスラ(Tesla Inc)は、電気自動車の設計・開発・製造・販売、及び太陽エネルギー生成とエネルギー貯蔵製品の設計・製造・設置・販売を行う。【事業内容】セグメントには、自動車、及びエネルギー生成と貯蔵が含まれる。自動車セグメントには、電気自動車の設計・開発・製造・販売・リース、及び自動車規制クレジットの販売が含まれる。エネルギー生成と貯蔵セグメントには、太陽エネルギー生成とエネルギー貯蔵製品の設計・製造・設置・販売・リース、その製品に関連するサービス、及び太陽エネルギーシステムインセンティブの販売が含まれる。自動車製品には、モデル3、モデルY、モデルS、モデルXが含まれる。モデル3は4ドアセダンである。モデルYは、モデル3プラットフォーム上に構築されたスポーツユーティリティビークル(SUV)である。モデルSは4ドアセダンである。モデルXはSUVである。エネルギー貯蔵製品には、PowerwallとPowerpackが含まれる。

詳細を読む
  • 大丈夫なのか!?
    3
    • とりあえず700まで戻った…昨日は失神寸前だった…
      0
      • マジ勘弁
        0
        • マックディークロスした
          0
          • 連チャン⤵はきついよー
            0
            • 時間外で落ちてますが、まだ持っておくべきでしょうか?
              5
              • ガチホ 売る理由ないと思う
                0
              • ガチホ 売る理由ないと思う
                1
              • 売る理由ないと思う
                1
            • もうダメ
              13
              • 世界一の時価総額になるまで売りません。5 年以内か。テスラファン
                2
                • 世界一の時価総額になるまで売りません。5 年以内か。テスラファン
                  1
                  • うひょー
                    0
                    • LUOKUNG
                      1
                      • ロビン参上
                        4
                        • 再イン
                          3
                          • しばらく売らなくて良いと思いますよ。
                            3
                            • みんな焦って売ってるな〜
                              4
                              • みんな焦って売ってるな〜
                                3
                                • バブル?
                                  13
                                  • テスラつよいね
                                    6
                                    • 現在のテスラはまだ皆懐疑的だった頃のアマゾンやアップルが一番最初に伸び始めた時と同じ急成長の第一段階にあると思っていますが、如何でしょうか?
                                      8
                                      • コロナ回復後のバブルで1500ドルまでいくと思うけど信用拡大で死ぬと思う
                                        0
                                      • 私がテスラに目を付けた理由は以下の通りです。①地球温暖化現象や将来的な化石燃料の枯渇等も考慮した上で先進各国の政府が2030〜2040年の間にガソリン車を完全廃止して電気自動車に移行することを昨年あたりから公に宣言し始めたということ(日本政府も先日表明しました)②今の自動車業界はまだまだガソリン車が主流を占めていることから①の影響で必然的に今後電気自動車の普及率が圧倒的に高まるであろうこと③ガソリン車と電気自動車の普及率が徐々に逆転し始めるのは2026 - 27年くらいからではないかと睨んでいるのでテスラには競合他社が本気で参入してくる前にかなりの市場を抑えてしまう可能性があること株価の急上昇のピークがどこに来るかは全く予想がつきませんが、そこに到達するまでの間に、そして到達した後も調整による一時的な下落は何度も起こるでしょうが(それはどんなトップ企業の株も同じです) 最終的には上昇率は鈍って行くもののアマゾンやアップルのような成長継続株ではないかと私は認識し始めています。時価総額も既にFBレベルにまでアップしているのも会社自体の安定性と将来性を感じさせる要因として捉えています。
                                        0
                                    • テ.メン
                                      1
                                      • Aqua Metals🥳🚀
                                        0
                                        • 空売りたい。。
                                          12
                                          • やっぱりこれからは電気自動車の時代ですかね
                                            0
                                            • 10年後、想像するとワクワクします。空気キレイな街に住みたいです
                                              1
                                          • しばらくは超優良株でしょうね。
                                            1
                                            • テスラ頑張れ〜!
                                              4
                                              免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
                                              Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
                                              上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。