凸版印刷株式会社 (7911)

2,128.0
-33.0(-1.53%)
  • 出来高:
    890,500
  • 売値/買値:
    2,126.0/2,129.0
  • 日中安値/高値:
    2,112.0 - 2,199.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3629000005

7911 概要

前日終値
2,161
日中安値/高値
2,112-2,199
売上
1.5T
始値
2,182
52週高値/安値
1,483-2,269
1株当たり利益
277.81
出来高
890,500
時価総額
713.74B
配当
40.00
(1.88%)
平均出来高 (3か月)
1,034,028
PER (株価収益率)
7.78
ベータ
1.34
1年の変動
45.72%
発行済株式
335,403,754
次の決算日
2022年2月08日
凸版印刷株式会社の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

凸版印刷株式会社 企業情報

セクター
製造業
従業員数
52401
市場
日本

凸版印刷グループは、情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野及びエレクトロニクス事業分野にわたり各種事業活動を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。情報コミュニケーション事業セグメントは、証券類全般、通帳、集積回路(IC)カード、各種カード、各種業務受託(BPO)など、並びにビジネスフォーム、データ・プリント・サービス等のセキュア関連製品、カタログ、パンフレット、チラシ、郵便局プロトコル(POP)等の広告宣伝印刷物、各種プロモーションの企画・運営、コミュニケーション業務の各種アウトソーシング受託などのマーケティング関連製品、週刊誌・月刊誌などの雑誌、単行本、辞書・事典などの書籍、教科書、電子書籍関連などのコンテンツ関連製品、並びに教科書出版、旅行代理店業務などその他の業務を行う。生活・産業事業セグメントは、軟包装材、紙器、液体複合容器、ラベル、段ボール、プラスチック成形品、受託充填・コントラクトなどのパッケージ関連製品、透明バリアフィルム、二次電池用関連部材、情報記録材などの高機能・エネルギー関連製品、化粧シート、壁紙、床材、エクステリア商材などの建装材関連製品、インキ製造などその他の業務を行う。エレクトロニクス事業セグメントは、液晶カラーフィルタ、反射防止フィルム、薄膜トランジスタ(TFT)液晶などのディスプレイ関連製品、フォトマスク、半導体パッケージ製品などの半導体関連製品を提供する。

詳細を読む

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り強い売り中立強い買い
テクニカル指標強い買い売り強い売り売り強い買い
サマリー買い売り強い売り中立強い買い
    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。