東洋製罐グループホールディングス株式会社 (5901)

1,406.0
-13.0(-0.92%)
  • 出来高:
    631,300
  • 売値/買値:
    1,406.0/1,409.0
  • 日中安値/高値:
    1,400.0 - 1,432.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3613400005

5901 概要

前日終値
1,419
日中安値/高値
1,400-1,432
売上
821.57B
始値
1,430
52週高値/安値
1,256-1,635
1株当たり利益
240.51
出来高
631,300
時価総額
255.29B
配当
88.00
(6.26%)
平均出来高 (3か月)
653,792
PER (株価収益率)
5.85
ベータ
0.72
1年の変動
-8.1%
発行済株式
181,570,533
次の決算日
2022年8月02日
東洋製罐グループホールディングスの相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

東洋製罐グループホールディングス株式会社 ニュース

東洋製罐グループホールディングス株式会社 企業情報

東洋製罐グループホールディングス株式会社 企業情報

セクター
原材料
従業員数
19552
市場
日本

東洋製罐グループホールディングスグループは、子会社89社(連結子会社71社、非連結子会社18)ならびに関連会社12社により構成される日本の包装コンテナ製造業者である。【事業内容】同社グループは総合容器メーカーとして、金属、プラスチック、ガラス、紙を主原料とする容器の製造販売およびエアゾール製品・一般充填品の受託製造販売および包装容器関連機械設備の製造販売を行う包装容器関連事業、鋼板および鋼板の加工品の製造販売を行う鋼板関連事業、磁気ディスク用アルミ基板・光学用機能フィルム・釉薬・微量要素肥料・顔料・ゲルコートなどの機能材料の製造販売を行う機能材料関連事業およびオフィスビル・商業施設などの賃貸を行う不動産関連事業を主な事業内容とする。同社はまた硬質合金・機械器具・農業用資材製品などの製造販売、石油製品などの販売、損害保険代理業などの事業を営む。包装容器関連事業では、缶詰用空缶・その他金属製品の製造販売は主として連結子会社18社および持分法適用関連会社2社が携わる。プラスチック製品の製造販売は、主として連結子会社22社が携わっている。ガラス製品の製造販売は、主として連結子会社6社が携っている。紙製品の製造販売は、主として連結子会社6社が携わっている。エアゾール製品・一般充填品の受託製造販売は、主として連結子会社2社が携わっている。包装容器関連機械設備の製造販売は、主として連結子会社21社が携わっている。鋼板関連事業(鋼板および鋼板の加工品の製造販売)では、主として連結子会社4社が携わっている。機能材料関連事業(磁気ディスク用アルミ基板・光学用機能フィルム・釉薬・微量要素肥料・顔料・ゲルコートなどの製造販売)は、主として連結子会社9社が携わっている。不動産関連事業(オフィスビル・商業施設などの賃貸)は、主として連結子会社10社が携わっている。その他(硬質合金・機械器具・農業用資材製品などの製造販売、石油製品などの販売、損害保険代理業)は、主として連結子会社6社が携わっている。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均中立売り売り買い売り
テクニカル指標強い買い強い売り強い売り強い買い売り
サマリー買い強い売り強い売り強い買い売り