40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

株式会社ヤマウラ (1780)

東京
通貨 JPY
免責条項
1,389.0
+15.0(+1.09%)
表示されている情報は遅れています。
1780スコア
適正価格
フェアバリューを見る
日中安値/高値
1,361.01,393.0
52週高値/安値
1,121.01,718.0
売値/買値
1,388.00 / 1,391.00
前日終値
1,374
始値
1,363
日中安値/高値
1,361-1,393
52週高値/安値
1,121-1,718
出来高
18,700
平均出来高 (3か月)
65,555
1年の変動
18.03%
発行済株式
18,927,318
フェアバリュー
開放
配当支払の流れ
開放
テクニカル
強い売り
売り
中立
買い
強い買い
強い売り
日足
週単位
月単位
詳細を見る
1780の今日の相場は強気?弱気?
投票してコミュニティの結果を見ましょう。
または

株式会社ヤマウラ 企業情報

ヤマウラグループは、建設事業、エンジニアリング事業・開発事業等を主な内容とした事業活動を展開する。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。建設事業については、建築部門において、民間での事務所・工場・店舗等の新築・増改築、住宅・マンション等の建築工事、国・地方公共団体等が発注する公共建築工事を行い、一部の公共建築物等ではデサインとビルド方式による一括請負工事を行う。技術部門を強化し、耐震・免震構造技術、住宅・マンション等の新商品の開発、生産工場の生産性効率化や食品工場のハセップ(食品の総合的な衛生管理システム)、医療福祉施設等の技術提案型営業を通して受注を拡大する。自社商品のブレインマンションの全国フランチャイズによる事業展開を推進する。土木部門において、一般土木工事、橋梁工事、スノーシェルター工事、舗装・造園・水道工事等の請負、施工を行う。土木工事、橋梁工事の設計を強化し、リフレッシュ工法(劣化コンクリート構造物の補修工法)等の独自商品による提案型営業により客先の開拓に努める。国土交通省に建設コンサルタント登録を行い、蓄積した技術ノウハウを活かし関連事業の一つとして土木コンサルティング事業を推進する。エンジニアリング事業については、電気部門において、自動制御装置、情報通信システム等の請負、設計及び製造・据付け、メンテナンスを行う。工機部門において、水管理機器、産業機械、橋梁上部工などの請負、設計及び製造・据付け、メンテナンスを行う。開発事業等については、不動産の売買、賃貸並びに宅地開発、分譲マンション事業を行う。

セクター
製造業
従業員数
388
市場
日本
当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます