株式会社横河ブリッジホールディングス (5911)

東京
1,906.0
+58.0(+3.14%)
  • 出来高:
    45,200
  • 売値/買値:
    1,905.0/1,906.0
  • 日中安値/高値:
    1,856.0 - 1,907.0
  • タイプ:株式
  • 市場:日本
  • ISIN:JP3955200005

5911 概要

前日終値
1,848
日中安値/高値
1,856-1,907
売上
136.93B
始値
1,860
52週高値/安値
1,818-2,525
1株当たり利益
267.51
出来高
45,200
時価総額
78.76B
配当
75.00
(4.06%)
平均出来高 (3か月)
81,534
PER (株価収益率)
6.91
ベータ
1.34
1年の変動
-5.38%
発行済株式
41,319,708
次の決算日
2022年7月31日
横河ブリッジホールディングスの相場を予想しよう!
または
投票してコミュニティの結果を見ましょう。

株式会社横河ブリッジホールディングス ニュース

株式会社横河ブリッジホールディングス 企業情報

株式会社横河ブリッジホールディングス 企業情報

セクター
製造業
従業員数
1891
市場
日本

横河ブリッジホールディングスは、橋梁をはじめとする鋼構造物の設計・製作・現場施工と、それに関連する事業を主たる業務とする。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。橋梁事業は新設橋梁の設計・製作・現場施工および既設橋梁の維持補修を行う。エンジニアリング関連事業はシステム建築(yess建築)の設計・製作・現場施工、可動建築システム(YMA)の設計・製作・現場施工および太陽光発電システムの現場据付、トンネル用セグメントなどの土木関連工事の設計・製作、海洋構造物・港湾構造物の設計・製作、超高層ビル等の鉄骨の建方および鍛治工事、コンクリート製品の製作・建方工事、環境事業として建設汚泥、重金属、漁業関連排水、産廃関連排水等の水処理事業を行う。先端技術事業は、精密機器製造事業として液晶パネル・有機エレクトロルミネッセンス(EL)パネル・半導体製造装置向け高精度フレームなどの生産、各分野に向けてのソフトウェア開発等の情報処理事業を行う。不動産事業は、同社は、保有する不動産の一部を物流倉庫等として貸し出し、不動産収入を得る。

詳細を読む

テクニカルサマリー

タイプ
5 分
15 分
1時間足
日足
月単位
移動平均強い買い強い買い強い買い中立売り
テクニカル指標強い買い強い買い強い買い買い強い売り
サマリー強い買い強い買い強い買い中立強い売り