CME日経225先物 - 12月 2021

27,790.00
-115.00(-0.41%)
  • 前日終値:
    27,905
  • 売値/買値:
    0.00/0.00
  • 日中安値/高値:
    27,580.00 - 28,180.00

日経225先物 口コミ

日経225先物の相場を予想しよう!
または
市場は現在開いていません。投票は市場時間の間しか行えません。

すべてのコメント

(436)
  • リスクも考慮して少なくとも2万7千5百円、できれば2万7千円以下で買いたい。来週は高値づかみしないように緊褌一番の精神で臨みたい(笑)
    0
    • ほんとうに怖いのはオミクロン株ではなくて、早期の利上げだと思う。オミクロン株がまだ感染爆発していない今、様子見ではなく利上げに言及してくると思う。感染爆発してもロックダウンしないだろうし、予定通り利上げになると思う。その後、日本で感染爆発して緊急事態宣言がでると下げはきついと思う。確実に業績にダメージは加わるし、利上げを警戒してリバウンドもすぐには難しいだろう。緊急事態宣言解除後にはバラマキ給付金もあるし、反動で消費が上向きになり、良好な決算となり上がると思うが。
      0
      • なんかもう一段安ありそうな気がするので買値と同値の28000円で決済しました。リバウンドもしそうな気がしますが、今はギャンブルしたくない。買値もよくなかったですし。
        0
        • 月曜は買い方は阿鼻叫喚かもね。
          0
          • といいつつ、また底値は堅いのかも、、
            0
        • いったい、 27500に何があるというんだ!?
          0
          • みんな27500円ぐらいならお買い得と思っているのではないですか。私も含めて。もちろん悪材料でたら突き抜けますが。
            0
        • やっぱり鉄壁の27500ライン(笑)
          1
          • Tawny Tooth  寄り付きから今週の安値更新来ますよ~
            0
          • 27500のサポートは鉄壁っすよ。これを割ったら大きいでしょうね。オミクロンごときじゃ、この辺りが底ではないでしょうか?
            0
          • なるほど。銀は半導体で使用されるので、今後、半導体の供給不足で増産されると上がるかもしれませんね。あと、5年ぐらい前に半導体で金の代替で銀を使うことが少し話題になっていましたが、どうなったのでしょうね。代替で需要は増えると思いますが。
            0
        • 国力の低下と共に円は弱くなる。それでも日本人は定期預金にしがみついてるだろう。物価は上がらないので、賃金がどんどん下がる(^_^)v
          0
          • まあそうはいっても世界第三位の通貨でインフレもしてないですから、定期預金もいいと思いますが。
            0
        • 27661円で買いポジションやりました。
          0
          • 短期ではいいところで買いましたね。
            0
          • お上手!私は朝に絶対に27500円以下で買うと固く誓い、指値をいれましたが、買えず。引けにかけてポジションを持ちたい強い衝動にかられ、結局28000円で買いました。
            0
        • 日本はGDPの成長率も乏しく、日経は上値は3万円程度で抑えられ上抜けはしないと思うが、意外と底堅いように思う。PER、PBRはダウ程高くないし、前回の決算ではコロナ渦でも悪くない利益がでており、コロナに対応できている。27500円ぐらいなら買いもありやな。リバウンドで戻るかもしれないし、これ以上下げたらナンピンして次回の決算に期待できる。次回の決算ではまだテーパリングもそこまで進んでないやろうし。
          1
          • 今、買い玉にするべきでしょうか?
            2
            • うーん。そうですね。短期でリスクを狙った売りならドテンもありだと思います。ナーバスになって過剰反応しているので、戻る可能性は高いです。信用買い残を狙った下げならもっと下げると思いますが、なんとなく今回はそうではない気がします。
              0
          • その他は定期預金です。トルコリラは持っていない(^_^)v
            0
            • 私の父親は証券会社にカモられて、リラ建て債券をいっぱい持ってるようです。ちなみに私もけっこうカモられます。カモ親子です笑
              0
            • 預金については今の円高を利用して円をドルに少しづつ変えているところです(FXを利用してですが)。円しかもっていないので、分散したいです。
              0
          • しまった❗️買い戻すのが早すぎた。(^_^;でも株は金融資産の16%です。大したことないと思って下げに耐えるしかない(^_^;)
            0
            • その他は定期預金です。トルコリラは持っていない(^_^)v
              0
          • 下がりましたな!
            0
            • おめでとうございます。うらやましい。
              0
          • 自身の想定を上回る今日の前場のリバウンドでパニックになり、売り玉を全部本日の最高値近辺(28750円)で買い戻してしまいました。全く儲けられずにおわりました。
            0
            • あー。明日当たり、29000円ぐらいまで上がってくれへんかな。もう一度売り直したい。未練たらたらや。
              0
            • 相場はそうゆうものです、私は28500円で買い戻しました。
              0
            • そうですよね。まだ30代の若造なので。経験が大事ですね。がんばります。
              0
          • リバウンドの兆候。29000まで回復しそうだな。
            0
            • 日経と直接関係ありませんが、巡回してたらDOWのチャートがすごいことになっているのに気が付きました。バグなのか?
              0
              • バグだと思いますが(^_^;)。海外のものは工業製品も含め、ラフなので。
                0
            • 現在ポジティブ材料があるとしたら加熱気味のインフレと日本の経済対策(業績のいい企業への3%賃上げ含む)くらいwネガティブ材料はパウエル長官が株価市場は加熱してないと当初発表してたのを一変し加熱してるとしたので利回りを早めるとの憶測が出始めた事でテーパリングを緩める事は当分しないと推測出来る。更にヨーロッパ各地での次々起きてるロックダウン懸念。原油高騰の懸念。トドメに南アフリカの新デルタ株と燻っていた懸念が一挙大公開ですw更に12月には前回引き延ばした米国の財政問題と中国の不動産資金と楽しそうwボラティリティが高くて稼ぎまくれます!ただテクニカルも侮れないので急な方向転換に注意しながら稼ぎまくりましょう!
              0
              • やっと、スタート地点に戻れた…さて、どっちでいきましょうか…ご指導お鞭撻くださいm(_ _)m
                0
                • 私の予測ですが。アメリカ株の信用買い残がかなり高いので、それがある程度お落ち着くまではコロナ恐怖、米国債務、中国不動産等で過剰反応して下がると思います。来週いっぱいぐらいでしょうか。27000円を割り込むようにも思います。かなり下げたので大きく反発する場面もあると思いますが、一度の上げで元に戻るのではなく、何回も上下動を繰り返せば上がると思います。コロナがハッタリ、だったり、実際に感染爆発して落ち着いた後には一時的か長期的かはわかりませんが、大きく反発すると思います。
                  0
                • bug bugさんありがとうございます😊このまま売りで踏ん張ります👍
                  0
                • いえいえ。わたしはミスって決済してしまいました。健闘をお祈りしてます。
                  0
              • まだ売り玉ホールドするで。コロナ関係なくもう一段安あると思う。いままで上げすぎたので、その反動で下げると思う。
                0
                • とりあえず27500円までは下落すると予測。そこで決済したい。
                  0
                • bugbugさん提示板がなかったのでとても心配してました。私も暴落するまえ株の一部を売っおいた。まだ一段の下げがあると思う。日経225先物の下げが止まらない(^_^;)
                  0
                • ご心配おかけいただきありがとうございます。私、メンタルが弱いので含み損をみたくなかったので、放置してました(それで今年は2回追証をくらってます(^_^;))新村さんがすでに株を売っていて安心しました。危機管理能力さすがです。
                  0
              • とりあえず、9月末に投稿した通りになって投稿者として安心しました。値の止まり所は前に投稿した通りです。
                0
                • S&P強すぎぃ!日足の調整は微々たるものでこのまま抜けて行きそうな勢いw悪材料もだいぶ乏しくなりつつあり順調に3万円台突入って事もありえなくない話ですねぇ。残る懸念材料は原油とコロナが燻り出している事と利回りが早まる事くらいかなぁ~今後の展開が楽しみです。
                  2
                  • まだかなまだかなー♪ 日経の爆下げまだかなー(cis氏より)
                    2
                    • 学研の〜♪笑
                      0
                  • 4:45頃15分間の間に100円程度急上昇している場面がありますが、このようなときの原因やNEWSを載せているサイトとか知りませんか?
                    0
                    • おそらくDOWが上昇したからなのでしょうが、その原因ということでお願いします。
                      0
                    • パウエル議長の記者会見での好感が米国株に反映されたかと思います。3日の同時刻付近も同じ理由と判断してます。原因やニュースはこのアプリやロイター通信、日経、どこにでも載ってますがあくまで個々の推測なので判断材料は自分で見極める必要があると思います。
                      0
                    • kosugi junichi原因やNEWSはロイターや日経はもちろんここのアプリNEWSもそうですがどこのNEWSでも出ていますよ。1番しっくりくる理由としては国債利回を上げるのは時期尚早との発表でしょうね。その発表により国債買いを抑制し国債への先行投資した人は売りに転じ、投資先が株価に向うと睨んだ人が多かった結果がその時間帯の上昇に繋がったものと思います。
                      0
                  • 当然ですが、日経はアメリカ株に大きく影響されます。アメリカ株は金融緩和とコロナからの回復に起因した好業績により株高になっています。今週のFOMCでも議論になりますが、これからテーパリングと利上げが行われます。これは間違えなく下げ要因になりますので、これからは下げ要因に打ち勝てる業績が出せるかということが焦点になると思います。一部のIT企業や石油系の企業は相当良い業績がでておりますが、他の多くの企業はコロナ時のときよりは良いですが、コロナ前から比べるとそれほどよくありません。原油高やインフレによるコスト高による利益の圧迫、個人消費の落ち込みの影響もあり、今後株高を維持できる業績をだせるかは大きな疑問です。
                    2
                    • 今週間違いなくテーバリンクが行われます。でもアメリカの個人消費は旺盛です。金は世界中に溢れかえっています。余談ながら私の妹もアップルの株です。テーパリングに打ち勝つのではなかろうか?
                      0
                  • 日経ショートナンピン中窓埋めで下げてくれるでしょう。
                    0
                    免責条項 Fusion Mediaによるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
                    Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。
                    上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。