最新ニュース
0

清水 洋介

加入した: 2019年01月15日
  • 最新の分析記事

清水 洋介 分析
清水 洋介の記事と現在の分析、意見などの完全なアーカイブ。

 いったん上値が重くなると特に何がどうしたということでもなく手仕舞い売りに押されるということになりそうです。指数に影響の大きな銘柄次第ということもあるのですが、依然として20,000円~21,000円...
節目とみられる21,000円を試すことになりそうです。積極的に買い上がるだけの材料にも乏しい中で週末の手仕舞い売りなどが嵩むということもありそうです。21,000円を割り込んだところで買い戻しなどがみ...
節目とみられる21,000円水準を抜けて、一目均衡表の雲を抜けて「三役好転」となりましたが、75日移動平均線に上値を押さえられており、ここからはいったん21,000円台での値固めということで21,00...
昨日も今日も何故これほど上昇したのかよくわからない感じです。特に買い上がるような材料もなく目先の需給要因だけで指数が押し上げられたということだと思います。日経平均が上昇している割には値上がり銘柄も少な...
個別に決算などに反応する面もあると思いますが、21,000円を超えるだけの材料があったということでもなく、買い戻し一巡からは上値も重くなりそうです。空売りが積み上がっている銘柄などは上値を試すような動...
 調整となるかと思ったのですが、再度一気に上値を試す動きになりました。結局先週末の動きが何だったのかということになりそうですが、それでも日経平均の21,000円水準を意識すると上値も重くなります。ここ...
今度は20,000円の水準を試すような動きも見られるかもしれません。ただ、本日も円安を好感して買い戻しも期待され、当面は20,500円水準を中心とした20,000円台での動きとみておいていいと思います...
 世界的な景気鈍化懸念から世界同時株安という様相です。米中貿易摩擦の影響や英国のEU(欧州連合)離脱の影響などの経済への影響が見られるということでリスク回避の動きも出ているということでしょう。売られす...
21,000円を抜けなかったということで改めて上値の重さが確認されました。今度は20,500円水準での底堅さがみられるかどうかということになりそうです。20,600円を割り込むと20,400円程度まで...
市況概況  21,000円水準での上値の重さが確認された格好です。指数は下げ渋りとなった感じですが、実質的にはほぼ全面安という感じです。「買えるものは買った」というところでもあり、あとは指数に影響の大...