最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

石川 順一

  • 最新の分析記事

石川 順一 分析
石川 順一の記事と現在の分析、意見などの完全なアーカイブ。

アナリストコメント「サウジ・ロシア会談」が期待外れの内容(=条件付きの増産凍結案)となったことを受け原油価格は再び反落。昨日の反落は、産油国間における協調減産合意以外に供給過剰懸念を後退させることはで...
アナリストコメント外為市場ではリスク選好を背景としたドルショートカバーの展開となっている。単なるショートカバーで終わるかトレンド転換となるかは、年明け以降、グローバル株式市場と米金利の動向を左右してい...
アナリストコメント黒田日銀のマイナス金利導入により外為市場ではリスクオン優勢の展開に。ただ、米国経済に変調の兆しが見え、各ゾーンの金利に低下圧力が強まる中では、ドル円の上昇は限られる可能性が高い。少な...
アナリストコメント市場の耳目は日銀金融政策決定会合に集中。今回の焦点に関しては既述の通り。会合後、そして黒田総裁の会見後、ドル円とユーロドルは以下のチャートポイントをブレイクする可能性あり。ただ、ユー...
アナリストコメントWTIロシアとサウジアラビアの減産に向けた合意期待を背景に反発基調ムードが出ている原油価格だが、下のチャートを見る限りでは、未だ標準誤差回帰分析バンドの中心線(赤ライン)すら突破出来...
アナリストコメント週明けの原油相場は敢え無く反落。下のWTIチャートを確認すると、昨年8月下旬の反発の時は、標準誤差回帰分析バンドの上限までショートカバーが進行した。しかし、今回は中心線すらトライでき...
アナリストコメント今週最大の焦点は、日米の金融政策となろう。ドラギECBは21日、新興国経済の減速が域内経済に及ぼすリスク(デフレリスクの高まり)を警戒し「3月に動く」可能性を示唆してきた。黒田日銀が...
アナリストコメント USD/JPY...
焦点は産油国の動向に
執筆: 石川 順一 - 2016年01月21日
アナリストコメント 焦点は引き続き原油相場の動向で変わらず。下のWTIチャート(日足)を見ると、標準誤差回帰分析バンドの下限まで急低下し、その後反転していることがわかる。この状況を考えるならば、目先...
アナリストコメント筆者は先週から、リスク選好回帰の鍵は良好な米企業の四半期決算とそれを受けた米国株式の上昇にあると指摘しきた。しかし、比較チャート①で示す通り、14日以降の米国株式と原油相場との強い相...