最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

エレン ワルド

  • 最新の分析記事

エレン ワルド 分析
エレン ワルドの記事と現在の分析、意見などの完全なアーカイブ。

WTI原油は乱高下が続いている。28日には6月限が大幅に売られ、約20%安となった。米国の一部の州は29日、原油需要の減少を引き起こしている規制の緩和に乗り出している。また、米原油在庫量の増加が予想を...
OPECプラスは13日、日量970万バレルの協調減産で合意に達した。これまでにない大規模な削減幅であるが、原油市場では好感されていない。13日はイースターマンデーで市場が休場となったため、減産合意を受...
※この記事は2020年4月2日に投稿されたものです。米原油生産業者の動向には目が離せない。元エネルギー長官でテキサス州知事のリック・ペリー氏はフォックス・ニュースで、「過去3、4年かけて懸命に築き上げ...
※この記事は2020年3月26日に投稿されたものです。本記事では原油の供給量の見通しによって、原油価格が上がる要因と、下落する要因について取り上げる。最善のシナリオは、原油の供給量が減少し、原油価格が...
※この記事は2020年1月30日に投稿されました 先週は、新型コロナウイルスの拡大の懸念が金融市場を襲った。 先週の段階では感染人数の正確な把握や、今後の感染スピード、各国の検疫対策の妥当性などが不明...
※この記事は12月19日に投稿された記事です。 原油トレーダーにとって念頭に置かないといけないのは、いわゆるスイングプロデューサー(原油価格を操作できる力を持つ産油国)の存在だろう。 スイングプロデュ...
原油価格を予測するにあたって投資家を悩ませているのが、2020年に米国がどれほどの原油を生産するかという問題である。シェール革命以来、米国の原油生産量は毎年増加しており、遂には日量1260万バレル(b...
※この記事は11月7日に投稿されました。 OPEC総会は約一ヶ月後に控えているが、その総会へに対する予想はすでに原油価格に影響を与えている。 11月6日ではOPECの産油量が多い一部の国が、追加減...
OPEC総会には、長期的にはともかくとして、少なくとも一時的には原油価格を上昇させる力が残っている。このことはOPECが12月の総会で更なる減産を決定する可能性があることを22日にロイターが報じてから...
米中貿易は再び激化し世界の原油需要への懸念が高まっているため、原油価格は再び下落している。同時に、米国の原油生産量は引き続き約1120万bpdの水準であり、2020年までに1300万bpdに達すると予...