最新ニュース
Investing Pro 0
新年セール、最大40%引きでInvestingPro+ 特典の請求

増田経済研究所 松川行雄

加入した: 2019年05月20日
  • 最新の分析記事

増田経済研究所 松川行雄 分析
増田経済研究所 松川行雄の記事と現在の分析、意見などの完全なアーカイブ。

(以下、サマリー) 米国株は、最初の1時間でつけた高値でそのまま高原状態となって引け。ダレることも無かったが、一方で伸びも無かった。主要株価指数で2%以上のものは、ダウ輸送株指数と半導体SOX指数。と...
★ジャンクボンドは戻り高値更新。 一応、米国株は反発。 ただ、8月5日以来の底練りが始まって以来、ずっと底辺でのもみ合い続きであり、昨晩はその中での反発にすぎません。 幸い、最大のリスク指標であるジャ...
★米国株は小反落。 あまり正体の無い相場展開でした。 総じて米国株指数は小反落。当初ダウ工業株は155ドル高まで上昇していたものの、最終的には120ドル安で終わりました。 米中協議再開の期待が出ていた...
★悲鳴を上げる中国。 週明けの米国株市場は取り合えず反発。 先週末はグローバル市場を揺るがした米中衝突でしたが、今度は懸念の後退です。 トランプ大統領は、中国が米中協議再開の申し入れをしてきたことを公...
★いうなれば、ただの「事故」。 週末の米国株市場はなんと大幅急落。ダウ工業株で623ドル安、2.37%の下落となりました。 2%の級の下落はこれはいけません。2週間以内にまた二度目のこのレベルの下げが...
★いうなれば、ただの「事故」。 週末の米国株市場はなんと大幅急落。ダウ工業株で623ドル安、2.37%の下落となりました。 2%の級の下落はこれはいけません。2週間以内にまた二度目のこのレベルの下げが...
★米国市場は完全様子見、横這い。 昨晩の米国市場では、主要株価指数がまちまちな結果でしたが、全般に軟調。 債券も売られ(長期金利上昇)るという、完全様子見になったようです。 株価指数でプラスのうちに終...
★ジャンクボンド、半導体SOX指数、50日線突破。 昨晩の米国株市場はなにがあったわけでもなく、急伸。途中ザラ場でダレる局面もありましたが、FOMC議事録後再び相場は引き締まり、ダウ工業株は26000...
★ジャクソンホールのイベント待ち。~ジャンクボンドも半導体に続き短期底入れ完了。 アメリカは反落でした。ジャクソンホールのイベントを控えて、とりあえず売り方のショートカバーによるポジション中立化が一巡...
★中国、ドイツの材料好感が続く。 昨晩の米国株市場は続伸でしたが、ダウ工業株では一時336ドル高まで上昇したものの、その後は伸び悩み、最終的には249ドル高、0.96%の上昇にとどまりました。 前日出...