💼 お客様のポートフォリオをInvestingProのAIの力による株式選択で守りましょう - 今なら、最大50%引き 特別セールを請求する

欧州市場サマリー(21日)

発行済 2009-09-22 04:16
EUR/JPY
-
BP
-
KBC
-

     1514GMT         18日

ユーロ/ドル   1.4677       1.4707

ドル/円   92.130       91.280

ユーロ/円   135.18       134.25

              21日終値     前営業日終値

株 FT100 5134.36(‐38.53) 5172.89

  クセトラDAX     5668.65(‐35.18) 5703.83

金 現物午後値決め 997.00 1012.00

              先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(12月限)  99.235 (+0.005)  0.400(0.392)

独連邦債2年物 1.276(1.308)

独連邦債10年物(12月限) 120.21 (‐0.23) 3.398(3.392)

独連邦債30年物   4.184(4.148)

--------------------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが主要通貨に対して上昇、対円で約2週間ぶり高値をつけた。米連邦公

開市場委員会(FOMC)を前に投資家の間でショートポジションを大幅に減らす動きが

みられた。

 <株式> ロンドン株式市場は7営業日ぶりに反落。銀行・商品(コモディティ)株を

中心に利益確定の売りが出た。

 CMCマーケッツの株式部門代表ジミー・イエーツ氏は「前週はバーナンキ米連邦準備

理事会(FRB)議長発言を受け楽観的な見方が高まっていたが、多くの投資家は最近の

上昇が限界に近いことを懸念している。この日の利食い売りやポジション調整はそれを浮

き彫りにした可能性がある」と述べた。

 このところ堅調だった鉱山株は下げが目立った。カザキミスは3.3%安。シ

ティグループが投資判断を「バイ」から「ホールド」に引き下げた。

 ベダンタ・リソーシズは3.5%安。ゴールドマン・サックスが投資判断を

「バイ」から「ニュートラル」に引き下げた。

 BHPビリトンは2.7%安。競合大手を含む企業買収に乗り出す可能性があ

ると米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

 ロンミン、フレスニロ、エクストラータは2.5─3.6%値

下がりした。

 銀行株ではロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が5.2%安。

ロイズ・バンキング・グループは2.8%安。バークレイズ、HSBC

、スタンダード・チャータードは1─1.5%安。

 エネルギー株はまちまち。前週大幅高となっていたタロー・オイルは1.8%

安。BGグループは2.5%、ケアン・エナジー は0.4%、それぞれ値

下がりした。

 一方、 ロイヤル・ダッチ・シェルは0.3%高。バンク・オブ・アメリカ・

メリル・リンチが投資判断を「バイ」に引き上げたことを好感した。BPは0.4

%高。

 欧州株式市場は続落。23日に米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表、24―

25日にピッツバーグで開催される20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)

を控えてリスク資産離れが広がり、銀行株を中心に売りが出た。

 世界経済に引き続き弱さがみられるなか3月以降の株価急伸は行き過ぎである可能性が

あるとの懸念から、株式のエクスポージャーを減らしドルなどの安全資産に資金を移す動

きがみられた。

 FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は7.44ポイント(0.74%)安

の999.06。前週16日には11カ月超ぶりに1000ポイントを超え、17日には

年初来の高値である1013.63をつけた。

 DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は14.73ポイント(0.51%)安

の2872.51。

 金融株の下げがきつかった。スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行

、HSBC、バークレイズ、ロイズ・バンキング・グループ

、BNPパリバ、KBCが1―2.1%安となった。

 ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は5.2%下落。関係筋

によると、同行は30億―40億ポンド(49億―65億ドル)の株式売却に対する支持

をめぐり投資家と協議に入っている。

 在庫拡大と堅調なドル相場への懸念を背景に金属価格が下落し、鉱山株も軟調となった。

アングロ・アメリカン、リオ・ティント、エクストラータ

1.1―3.6%安。

 BHPビリトンも2.7%値下がり。ウォールストリート・ジャーナル(WS

J)紙は、BHPビリトンが、恐らく一部大手競合を含む企業買収に、180億ドル程度

の余剰資金の一部をあてる計画だと報じた。

 エネルギー株もおおむね弱かった。景気回復のペースや弱い燃料需要を示す兆候に対す

る懸念が強まり、米原油先物が1バレル=70ドルを割り込んだ。

 BGグループ、タロー・オイル、レプソル、トタル

スタトイル・ハイドロが0.3―2.5%安。一方、BP、ロイヤル・ダ

ッチ・シェルは若干上昇した。

 ディフェンシブ銘柄の上昇が指数を支援。医薬品のアストラぜネカ、グラクソ・

スミスクライン、シャイアが0.3―0.8%上昇した。

 <ユーロ圏債券> 短期債利回りが低下。株安や石油価格下落を受け、比較的安全とさ

れる債券への資金シフトが見られた。

 金利は当面低水準で推移するとの見方を背景に2年債が買われ、2・10年債利回り格

差は212ベーシスポイント(bp)と11日ぶりの水準に拡大した。18日は209

bpだった。

 IDEAグローバルの欧州債券ストラテジスト、エベレット・ブラウン氏は「イールド

カーブのスティープ化にバイアスが見られる。期間が短めの債券の利回りは欧州中央銀行

(ECB)の緩和的金融政策に大きく支援されている」と述べた。

 超長期債はアンダーパフォーム。スペインが売り出した45億ユーロの長期国債を消化

しようと市場が試みるなか30年債利回りは上昇した。

 1608GMT時点で、独連邦債先物12月限は18日清算値から7ティック

安の120.37。ただ、前営業日の清算後につけた120.18前後の水準は上回った。

 独連邦債2年物利回りは3.7bp低下し1.27%。同10年物

利回りは1.7bp低下し3.38%。

 10年物のスペイン国債と独連邦債の利回り格差は約53bpと若干縮小

した。

 独連邦債30年物利回りは1.8bp上昇し4.166%。

 日本が休日のほか、23日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控えるなか、

薄商いとなった。 

              [東京 22日 ロイター]

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます