🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

LVMH子会社がイタリアの裁判所の監視下に置かれる

編集者Brando Bricchi
発行済 2024-06-11 02:39
LVMH
-

ディオールブランドのハンドバッグの製造で知られるLVMHのイタリア子会社が、ミラノの裁判所により1年間の司法管理下に置かれた。この決定は、同子会社が労働者を虐待しているとして告発された中国系企業に下請け仕事を発注していたとの疑惑を受けたもの。ミラノの裁判所がこのような措置をとったのは2024年で3例目で、4月にはジョルジオ・アルマーニ・ファッション・グループが所有する会社に対して同様の措置がとられた。

今回の調査は、高級品企業のサプライチェーンに対する消費者や投資家の懸念の高まりを浮き彫りにしている。風評リスクへの対応として、ファッションブランドは下請け業者の数を減らし、生産を内製化しており、これはトスカーナの皮革製品部門などの業界に影響を与えている。イタリアは高級品市場における重要なプレーヤーであり、小規模メーカーが世界の高級衣料品や革製品の生産のかなりの部分を占めている。

今回の判決は、ディオールの子会社がサプライヤーを適切に監督せず、不法移民を含む労働者が基準以下の環境で生活し、働いていたことを明らかにした。一部の労働者は、休日でも継続的な生産を確保するため、職場で寝泊まりさせられていた。さらに、生産速度を上げるために機械から安全装置が取り外され、請負業者が最小限のコストでハンドバッグを供給し、ディオールが大幅な値上げをして小売することを可能にしていたと報じられている。

ミラノの裁判所の決定により、LVMHの株価は下落した。請負会社と下請け会社のオーナーは、労働者の搾取と違法な雇用慣行で捜査を受けているが、ディオールに対する刑事捜査は行われていない。同様の調査に直面しているアルマーニ・グループは、サプライチェーンにおける虐待を最小限に抑えることを表明している。

この記事はロイターが寄稿した。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます