最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

アングル:3度目の緊急事態宣言へ、4─6月期マイナス成長のリスク

経済全般2021年04月23日 07:45
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. アングル:3度目の緊急事態宣言へ、4─6月期マイナス成長のリスク

金子かおり、杉山健太郎

[東京 23日 ロイター] - 政府が東京都や関西圏に3度目の緊急事態宣言を発令すれば、4─6月期の実質国内総生産(GDP)の下振れは避けられないとの見方が多い。2度目の宣言に比べて厳しい措置となる見通しで、GDPの約5割を占める消費に打撃となる。期間や対象地域が拡大すれば足元の輸出の持ち直しを打ち消し2四半期連続のマイナス成長となるリスクがある上、度重なる宣言は経営者の心理的なダメージを大きくし、廃業や倒産の増加も懸念される。

<緊急事態宣言、拡大・延長なら消費中心にGDPマイナスに下押し>

今回の緊急事態宣言は、飲食店に時間短縮営業を要請した2回目の宣言に比べて措置の「強度」が増すとみられている。みずほ証券の小林俊介チーフエコノミストは「本来なら感染対策の本丸はワクチン外交や医療キャパシティーの拡充であるべきだが、オリンピック開催前の感染終息を狙うなら間に合わない。自粛措置に踏み切らざるを得ないということなのだろう」と話す。

大和総研の神田慶司シニアエコノミストは、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の4都府県に昨年春の宣言時に近い措置が取られると想定すると、GDPへの影響は1カ月あたり6000億円程度で、4─6月期GDPを年率1.8パーセントポイント程度押し下げられると試算する。これが全国に発令された場合は1兆6000億円となり、年率4.7パーセントポイントの押し下げとなる。さらに期間が長期化すれば「GDPは4─6月期にV字回復するどころか、2四半期連続のマイナスとなる可能性がある」とみている。

大和総研は3月初旬時点でGDPは1─3月期が前期比年率マイナス5.1%、4─6月期は同プラス4.8%と予想していたが、宣言の内容や影響を精査し予想を下方修正する予定という。

肝となるのはやはり消費で、休業や時短に対する強い要請を伴った緊急事態宣言が4都府県に4月25日から5月11日まで発令された場合、野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストは消費が6990億円分失われ、失業者は2万7700万人増加すると予想する。

木内氏は、弱い内需に対し、米国向けなどの輸出が伸び経済を下支えする構図を想定し、現段階で4─6月期GDPはプラス2─3%程度と見込んでいる。しかし、今後、宣言の対象や期間が拡大すれば消費の落ち込みが輸出の回復を凌駕し、GDPはマイナス5━6%程度まで押し下げられる可能性もあるという。

みずほ証券の小林チーフエコノミストも、日本のGDPの3分の1程度を占めている4都府県に緊急事態宣言が宣言が発令された場合、対策の中身によっては4000億円から6000億程度の消費が失われると試算している。

ロイターが4月に実施したエコノミスト調査(回答期間4月6日―14日)では、GDPは1─3月期にマイナス5.4%と落ち込んだ後、その反動で4─6月期はプラス4.7%へ回復すると見込まれていた。

<改善しない消費マインド、ワクチン接種の遅れも影響>

さらに懸念されるのは、実際の消費の抑制のみならず、消費者マインドが悪化することだ。コロナの感染拡大が収まり緊急事態宣言が解除されても、ワクチンの接種が進んでいなければ消費者心理は大きく上向かないとの指摘もある。国内では医療従事者に続き高齢者に対する接種が始まったが、国民全体にいきわたる時期は見えていない。

首相官邸のデータによると、21日時点での接種回数は約235万回。ロイターのデータでは、少なくとも1回のワクチン接種をした人は英国が50%近く、米国は40%以上となっている一方、日本は1%強にとどまる。

消費者マインドの低迷は、幅広い悪影響をもたらし経済成長を腰折れさせる恐れがある。大和証券の末広徹シニアエコノミストは「現在、ワクチン接種の広がりに望みをつなぐ経営者と、度重なる制限措置に心が折れる経営者と分かれる局面。財政支援が弱ければ廃業しようという人も増えそうだ」と指摘する。

東京商工リサーチが1月に公表したデータによると、2020年は約5万7000の企業が休廃業・解散・倒産により市場から消えた。21年は企業倒産1万件、休廃業解散は5万3000─5万5000程度と予想している。

(金子かおり、杉山健太郎 取材協力:木原麗花、梶本哲史、ダニエル・ルーシンク 編集:田中志保)

アングル:3度目の緊急事態宣言へ、4─6月期マイナス成長のリスク
 

関連記事

NY市場サマリー(6日)ドル下落、ダウ最高値
NY市場サマリー(6日)ドル下落、ダウ最高値 執筆: Reuters - 2021年05月07日

[6日 ロイター] - <為替> ドルが下落し3日ぶりの安値を付けた。世界的にリスク選好度が改善した。投資家は7日発表の4月米雇用統計に注目している。 ドル指数は終盤で0.34...

NY株、連日の最高値 318ドル高、米景気期待
NY株、連日の最高値 318ドル高、米景気期待 執筆: Sankei Newspaper - 2021年05月07日

 6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比318・19ドル高の3万4548・53ドルと、過去最高値を2日連続で更新して取引を終えた。米景気回復の加速への期待...

NY円、109円前半
NY円、109円前半 執筆: Sankei Newspaper - 2021年05月07日

 6日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比11銭円高ドル安の1ドル=109円03~13銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2060~70ドル、131円53~63銭...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する