最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

焦点:原油高と萎む輸出、強まる貿易赤字傾向 GDP回復不透明に

経済全般2021年10月20日 13:29
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.  10月20日、日本の貿易収支が赤字となる傾向が強まっている。写真は都内の港で2019年5月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 日本の貿易収支が赤字となる傾向が強まっている。9月も自動車の減産などで対米輸出が7カ月ぶりに減少に転じるなど、輸出の増加が鈍化する一方、原油高に伴う輸入額の増加が響き、想定を超える赤字幅となった。原油高が続けば家計消費に悪影響が及ぶことも予想され、政府が想定するように年内に国内総生産(GDP)がコロナ前の水準に戻るかは依然として見通せない。

財務省が20日発表した9月の貿易統計速報によると、貿易収支は6228億円の赤字だった。2カ月連続の赤字で、赤字幅はロイターが集計した予測中央値(5192億円の赤字)を上回った。

鉄鋼や鉱物性燃料の輸出が増え、輸出額は前年同月比13.0%増の6兆8412億円と7カ月連続のプラスとなった。ただ、減産対応が続く自動車輸出が40.3%減少し、輸出全体の伸び率は鈍化した。

一方、輸入は38.6%増の7兆4640億円となり、9月としては過去最高の輸入額だった。原油高に伴う原粗油の輸入額が約2倍に膨らみ、専門家の間では「資源価格が高止まりし、しばらくは貿易収支の赤字基調が続く」(農林中金総合研究所の南武志・主席研究員)との見方が多い。

<家計直撃の懸念>

原油高はGDPの半分を占める個人消費にも影響しそうだ。代表的なWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は17日に7年ぶりの高値となる1バレル=83ドルを超えた。

国際エネルギー機関(IEA)は先月、世界の石油需要が10月は4カ月ぶりに増加すると想定。「10月の需要は日量160万バレル急増し、年末まで増加が続く」と指摘した。政府内には「脱炭素の流れを受けて天然ガスが高騰していることも原油相場に影響している可能性がある」との見方があり、今後落ち着きをみせるかは予断を許さない。

第一生命経済研究所の永浜利広・首席エコノミストは「原油価格が平均80ドルで推移すれば年後半から1年間の家計負担を2.8万円、90ドルなら3.3万円増加させる計算になる」と指摘する。

「今の原油高が続けば年間0.3%ポイント程度のGDP押し下げ要因となる可能性もある」と、信金中央金庫の角田匠・上席主任研究員は言う。

<G20での対応期待>

政府は、今年7月の経済財政諮問会議で「GDPは21年中にコロナ前の水準を回復する」との見方を共有し、当初の年度内回復との想定を3カ月前倒しした。新型コロナウイルスのワクチン接種が進むことでサービス消費が回復し、輸出や設備投資の増加も見込めるとの判断からだ。

毎月実施しているロイター調査によると、新型コロナなどの影響で7―9月期GDP予想は月を追うごとに下方修正され、10月時点で前期比プラス0.2%(年率0.8%)となった。10―12月期は前期比プラス1.2%(同4.5%)の予想となっている。

仮に7―9月期GDPが前期比ゼロ成長だった場合、コロナ前の経済水準を回復するには「10―12月期は前期比プラス1.4%(年率5.8%以上)が必要となる」(ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎・経済調査部長)とされ、原油高と同時に輸出が頭打ちとなる現状では、政府のシナリオ通りに経済が回復するかは見通せない。

「日本の交易条件は悪化し続けている。企業コストの増加は収益減少となるだけでなく、ガソリンや灯油の高騰が続けば家計負担は深刻になる」と大和証券の岩下真理チーフマーケットエコノミストは指摘、「月末の20カ国・地域(G20)サミットで主要産油国に増産を働きかける必要がある」と話している。

政府は18日、原油高対応で関係閣僚会議を実施、11月上旬に開催予定の石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどによる「OPECプラス」に向け、産油国に増産を働きかける方針を確認した。

(山口貴也、金子かおり、小宮貫太郎 編集:石田仁志)

焦点:原油高と萎む輸出、強まる貿易赤字傾向 GDP回復不透明に
 

関連記事

OECD経済見通し、インフレが主要リスクと指摘
OECD経済見通し、インフレが主要リスクと指摘 執筆: Reuters - 2021年12月01日

[パリ 1日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)は1日、最新の経済見通しを発表した。現在の高インフレが予想よりも長く続き、さらに上昇することが主要なリスクと指摘した。...

東京マーケット・サマリー
東京マーケット・サマリー 執筆: Reuters - 2021年12月01日

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 113.41/43 1.1339/43 128.61/65 ...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する