最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデー期間延長セール、最大60%引きでInvestingPro+ 特典の請求

FRB高官、利上げ継続方針ぶれず 就任後初の講演でクック理事も

経済全般 2022年10月07日 13:45
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. 米連邦準備理事会(FRB)のクック理事は6日、就任後初めて金融政策について公の場で発言し、利上げを継続するという連邦準備理事会(FRB)の見解に賛同した。他の政策当局者も

[ワシントン 6日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクック理事は6日、就任後初めて金融政策について公の場で発言し、利上げを継続するという連邦準備理事会(FRB)の見解に賛同した。他の政策当局者も金融政策の引き締めに歯止めはかからないと改めて強調した。

クック理事は米ピーターソン国際経済研究所で行った講演で「過去数カ月のデータでインフレ圧力がなお広範囲に及んでいることが示されている」とし、求人や家賃などのデータで前進が見られているものの、FRBのインフレとの戦いが角を曲がったと結論付けるには十分ではないと述べた。

また、インフレ率の引き下げは痛みを伴うものの、物価安定の回復に失敗すれば将来的な回復がはるかに困難になると指摘。「インフレ予測に対するリスクが上方に偏っている現状を踏まえると、予測だけでなく、実際にインフレが低下しているか注視し、政策判断を行う必要がある」と述べた。

FRB高官はここ数日、計画を変更する気配を見せていない。

ジェファーソン理事は4日、就任後初の講演で「物価安定の回復には時間がかかり、トレンドを下回る成長の期間を伴う公算が大きい」とし、他のFRB高官と共に「インフレを2%に回帰させるという決意があり、一段の必要とされる措置を講じることにコミットしている」と言明した。

ウォラー理事は6日、根強いインフレを抑制するまで、来年初めにかけ利上げを継続する必要があるとし、利上げを一時停止すべきではないとの考えを示した。

金融安定への懸念から利上げペースを減速させることについては「私が考えていることでもなければ、非常にありそうな展開だとも思っていないことをはっきりさせておく」と述べた。

シカゴ地区連銀のエバンス総裁は6日、FRBには一段の利上げ余地があるとし、現行で3.00─3.25%の政策金利は2023年春までに4.5─4.75%に向かうだろうと指摘。「目下、インフレ率は高いため、より制約的な金融政策が必要だ」とした。

ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は6日、投資家が高金利環境に適応する過程で金融市場に「亀裂」が生じる可能性があるとしつつも、FRBが市場を救済するために金融政策スタンスを転換するハードルは「非常に高い」と述べた。

トレーダーは来年終盤までの利上げ局面転換を見込んでいるが、クリーブランド地区連銀のメスター総裁は6日、「私の見込みでは来年の利下げは全くないだろう」と述べた。

サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は6日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューで、利上げペースの減速には「非常にオープン」だとし、指標次第で来月に75ベーシスポイント(bp)、その後25bpの利上げを依然として見込んでいると述べた。

<インフレ抑制は痛み伴う>

クック理事は「コアインフレが向こう数カ月で減速すると予想する根拠はある」としながらも、「インフレ圧力が広範に及んでいることは、経済が全般的に極めてタイトであることを示している」と指摘。3回連続での0.75%ポイントの利上げを「完全に支持」し、政策前倒しに合意したとし、FRBの「先制的アプローチは適切」との考えを示した。

また、インフレ率の引き下げは痛みを伴うものの、物価安定の回復に失敗すれば将来的な回復がはるかに困難になると指摘。「インフレ予測に対するリスクが上方に偏っている現状を踏まえると、予測だけでなく、実際にインフレが低下しているか注視し、政策判断を行う必要がある」と述べた。

利上げペースを緩和させることは「ある時点で」適切になるとしながらも、11月1─2日の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で自身が何を主張するかについては手がかりを示さなかった。

*カテゴリーを追加して再送します。

FRB高官、利上げ継続方針ぶれず 就任後初の講演でクック理事も
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する