💼 お客様のポートフォリオをInvestingProのAIの力による株式選択で守りましょう - 今なら、最大50%引き 特別セールを請求する

新興市場見通し:マザーズ1年5カ月ぶり安値のなかIPOラッシュへ、24社登場

発行済 2021-12-18 14:39
更新済 2021-12-18 14:45
© Reuters.
4080
-
4336
-
4816
-
6324
-
6890
-
6957
-
9436
-
6049
-
4419
-
2158
-
4385
-
4599
-
7071
-
4880
-
4478
-
4485
-
4169
-
4194
-
5759
-
2991
-
4412
-
4414
-
7383
-
4416
-
4415
-
9522
-
今週の新興市場では、日経平均が週間でプラスを確保するなか、マザーズ指数は大幅な下落となった。
節目の1000ptを割り込み、昨年7月31日以来の安値で今週の取引を終えている。
IPOラッシュを控え購入申込みに伴う資金拘束で買いが鈍いうえ、引き続き換金売りが出て株価を押し下げた。
なお急落銘柄が多かっただけに、損失覚悟の売りを迫られる向きも少なくなかったとみられる。
週末にかけて各国中央銀行が金融緩和姿勢を後退し、ハイテク株に売りが出たことも逆風となった。
なお、週間の騰落率は、日経平均が+0.4%であったのに対して、マザーズ指数は-6.5%、日経ジャスダック平均は-1.3%だった。


個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリ (T:4385)が週間で6.5%安、ビジョナル (T:4194)が同2.8%安、フリー (T:4478)が同8.8%安と全般軟調。
売買代金上位ではFRONTEO (T:2158)の下落が続き、フレクト (T:4414)やENECHANGE (T:4169)、セルソース (T:4880)は大幅安となった。
また、決算発表のイトクロ (T:6049)は週間のマザーズ下落率トップとなった。
一方、JTOWER (T:4485)は同0.8%高で、売買代金上位ではサイエンスアーツ (T:4412)や日本電解 (T:5759)が買いを集めた。
導出薬の試験結果が好感されたステムリム (T:4599)は上昇率トップとなった。
ジャスダック主力では東映アニメーション (T:4816)が同7.4%安。
売買代金トップのフェローテックHD (T:6890)も売りに押された。
また、やはり決算発表のランドネット (T:2991)が週間のジャスダック下落率トップとなった。
一方、ハーモニック・ドライブ・システムズ (T:6324)は同6.7%高。
田中化学研究所 (T:4080)などは賑わい、クリエアナブキ (T:4336)が上昇率トップとなった。
IPOでは、後払い決済大手として注目されたネットプロテクションズHD (T:7383)が公開価格を下回る初値形成となり、ブロードエンタープライズ (T:4415)とTrue Data (T:4416)もやや上回る程度にとどまった。


来週の新興市場では、引き続きマザーズ指数が低調に推移するとみておきたい。
IPOラッシュに入り投資資金が市場に還流してくることを期待したいが、IPO銘柄が賑わったとしても指数組み入れ前とあって直接的な押し上げ効果はない。
そのIPO銘柄も値動きが悪ければ、個人投資家の資金回転は改善しづらいだろう。
また、今週末の米NYダウが大幅続落したように、各国中銀の緩和姿勢後退などから外部環境にも不安がある。


個人投資家の売りが続くなか、信用買い残の水準が低く、ここ1カ月ほどの値動きがまずまず良好な銘柄は相対的に安心感がある。
ビジョナル、アンビスHD (T:7071)、沖縄セルラー電話 (T:9436)、芝浦電子 (T:6957)などといったところが挙げられる。
また、やや荒い値動きとなる可能性はあるが、日本電解や田中化研といった車載電池の関連銘柄も人気が続くか注視したい。


IPO関連では、来週1週間で24社が登場する異例の上場ラッシュとなる(ZEALSが上場中止)。
FinatextHD (TWO:4419)(12月22日)、リニューアブル・ジャパン (T:9522)(22日)、エクサウィザーズ(23日)など注目度の高い企業も多い。
しかし、今週上場した3社の株価が苦戦を強いられているのを見ると、懸念は払しょくしづらいだろう。
ピークの24日は7社もが同時上場し、買いが分散しがちとなる点にも注意しておきたい。



最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます