最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

後場に注目すべき3つのポイント~中小型グロース株高の構図に持続性は?

外国為替 2022年03月01日 12:45
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.
3月1日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。


・日経平均は大幅に3日続伸、中小型グロース株高の構図に持続性は?
・ドル・円は底堅い、買い一服も高値圏維持
・値上がり寄与トップはファーストリテ (T:9983)、同2位が東エレク (T:8035)

■日経平均は大幅に3日続伸、中小型グロース株高の構図に持続性は?

日経平均は大幅に3日続伸。
390.15円高の26916.97円(出来高概算6億株)で前場の取引を終えている。


週明け2月28日の米株式市場でNYダウは3日ぶりに反落し、166ドル安となった。
西側諸国がロシアの一部銀行を国際銀行間通信協会(SWIFT)の決済網から排除したほか、米政府がロシア中央銀行との取引禁止を発表し、ウクライナ危機を巡る対ロ制裁の強化を受けて世界経済の減速懸念が広がった。
ただ、停戦協議の進展への期待もあって下げ幅を縮小。
ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は金利低下を受けて+0.41%となった。
本日の東京市場でも停戦協議への期待や米ハイテク株高で投資家心理が改善し、日経平均は309円高からスタート。
寄り付き後も上げ幅を広げる展開となり、前場中ごろを過ぎると27013.26円(486.44円高)まで上昇する場面があった。


個別では、売買代金トップの商船三井 (T:9104)が7%の上昇。
31日を基準日として1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表している。
郵船 (T:9101)や川崎船 (T:9107)も上げが目立つ。
その他売買代金上位ではソフトバンクG (T:9984)や東エレク (T:8035)が堅調で、トヨタ自 (T:7203)は小幅に上昇。
また、「物言う株主」として知られる香港の投資ファンドが大量保有報告書を提出したマネックスG (T:8698)は東証1部上昇率トップとなっている。
一方、レーザーテック (T:6920)やソニーG (T:6758)、三井物産 (T:8031)はさえない。
三井物産は英シェルがロシアの天然ガス事業「サハリン2」から撤退すると発表し、引き続きロシア事業の先行き懸念がくすぶっているようだ。
また、前日まで急騰していたフジ (T:8278)などが東証1部下落率上位に顔を出している。


セクターでは、海運業、鉱業、サービス業などが上昇率上位で、その他も全般堅調。
一方、空運業、銀行業、ゴム製品など4業種が下落した。
東証1部の値上がり銘柄は全体の65%、対して値下がり銘柄は31%となっている。


前日のNYダウは世界経済の減速懸念から反落するも下げ渋り、米ハイテク株には金利低下を受けて買いが入った。
本日の東京市場でもこうした流れから先行き懸念が和らいだとみられ、日経平均は大幅に3日続伸し、前場に27000円台を回復する場面があった。
日足チャートを見ると、26400円台に位置する5日移動平均線を寄り付きから大きく上回り、値動き良化に期待した買いが入っていそうだ。
一方、27000円あまりのところに位置する25日移動平均線近辺まで上昇し、目先の利益を確保する売りも出やすいか。
前引けの日経平均が+1.47%なのに対し、東証株価指数(TOPIX)は+0.93%。
ここまでの東証1部売買代金は1兆5000億円ほどとまずまず多い。


売買代金上位では株式分割の実施を発表した商船三井を中心に海運株の上昇が目立ち、上昇率上位には中小型グロース(成長)株が多くランクインしている。
一方、金融株がやや軟調で、三井物産などロシア事業への懸念がくすぶる銘柄にも売りが続いている。


新興市場ではマザーズ指数が+5.81%と大幅に3日続伸。
こちらは先んじて740pt台に位置する25日移動平均線を上回ってきた。
前述のとおり中小型グロース株高の追い風が大きい。
2月24日安値(648.20pt、取引時間中)から急ピッチのリバウンドを見せており、個人のセンチメントや資金余力の改善につながっているのだろう。
振り返ってみると、東証1部でも海運株を中心に個人投資家に人気の銘柄が賑わっている印象を受ける。


さて、前日の米市場では原油先物相場(ウエスト・テキサス・インターミディエート、WTI4月物)が1バレル=95.72ドル(+4.13ドル)と反発。
商品市況の先高観から期待インフレ率の指標とされる10年物ブレークイーブン・インフレ率(BEI)も2.62%(+0.08pt)に上昇した。
一方、世界経済の減速懸念とともに金融引き締めを織り込む動きが一段と後退し、金利は幅広い年限で低下。
10年物国債利回りは1.82%(-0.14pt)となった。
「対ロ制裁の影響は限定的」とか「停戦協議の進展に期待」といった声もあるが、これらの動きはウクライナ危機の長期化を見据えたものだろう。
結果的に名目金利から期待インフレ率を差し引いた実質金利は低下し、特にこれまできつい調整を強いられてきた中小型グロース株の押し目買いの手掛かりとなっているようだ。


また、2月月間で日経平均は-1.76%(-475.16円)、TOPIXは-0.47%(-9.00pt)と2カ月連続で下落しており、株式相場全体としてリバランス(資産配分の再調整)目的の買い需要に期待する向きもある。


もっとも米金融政策を巡っては、アトランタ連銀のボスティック総裁が「持続的な高インフレが示されれば、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.5ptの利上げを検討」する可能性を示唆している。
ウクライナ危機の陰であまり注目されなかったが、2月25日に発表された1月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比+6.1%と大幅に伸び、商品市況の高止まりからもインフレ懸念は拭いづらいだろう。
「金利低下+期待インフレ率上昇=グロース株買い」の構図が持続的なものかよく見極めたうえで取り組む必要があるだろう。


ウクライナ情勢についても、ロシア側が強硬な停戦条件を突き付けていると報じられていることに加え、米国防総省などの戦況分析でロシア軍に攻勢を緩める気配が感じられないのも懸念される。
これまでの米政府の発表を見ると、米情報機関は侵攻開始前からロシア軍の動きをかなり正確につかんでいる印象を受ける。
危機収束はなお見通しづらく、金融市場も不安定な状況が続くとみておいた方がよさそうだ。


■ドル・円は底堅い、買い一服も高値圏維持

3月1日午前のアジア市場でドル・円は底堅い値動きとなり、115円台で推移。
仲値にかけて国内勢による買いが強まり、114円後半から115円20銭台に浮上した。
日経平均株価の強含みで円売りに振れており、買い一巡後も115円台を維持している。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は115円00銭から115円29銭、ユーロ・円は128円92銭から129円25銭、ユーロ・ドルは1.1206ドルから1.1221ドル。


■後場のチェック銘柄

・セキュアヴェイル (T:3042)、ニューラルポケット (T:4056)など、8銘柄がストップ高

※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファーストリテ (T:9983)、同2位が東エレク (T:8035)

■経済指標・要人発言

【経済指標】

・豪・10-12月期経常収支:+127億豪ドル(予想:+153億豪ドル、7-9月期:+239億豪ドル)
・中・2月製造業PMI:50.2(予想:49.8、1月:50.1)
・中・2月非製造業PMI:51.6(予想:50.7、1月:51.1)
・中・2月財新製造業PMI:50.4(予想:49.2、1月:49.1)

【要人発言】

・バネッタECB専務理事
「緩和縮小をさらに進めるのは軽率だろう」


・12:30 豪準備銀行が政策金利発表(0.10%に据え置き予想)
・G7財務相・中銀総裁会議
・バイデン米大統領が一般教書演説


<CS>
後場に注目すべき3つのポイント~中小型グロース株高の構図に持続性は?
 

関連記事

8月15日のNY為替概況
8月15日のNY為替概況 執筆: Fisco - 2022年08月16日

 15日のニューヨーク外為市場でドル・円は132円56銭まで下落後、133円29銭まで上昇し、引けた。 米8月NY連銀製造業景気指数が予想外に6月来のマイナスに再び落ち込んだほか、...

[ドル・円通貨オプション]OP買い戻し
[ドル・円通貨オプション]OP買い戻し 執筆: Fisco - 2022年08月16日

ドル・円オプション市場で変動率は上昇。 週明けでオプションの買戻しが優勢となった。 リスクリバーサルでは円コールスプレッドが拡大。 ドル・円下値ヘッジ目的の円コール買いが強まった。...

NY外為:ドル続伸、買戻し加速
NY外為:ドル続伸、買戻し加速 執筆: Fisco - 2022年08月16日

NY外為市場ではドルの買い戻しが加速した。 ドル・円は朝方低調な経済指標を受けて132円56銭まで下落後、133円32銭まで上昇。 ユーロ・ドルは欧米金利差拡大観測に伴うユーロ売り...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する