最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

注目銘柄ダイジェスト(前場):東急建設、東製鉄、エレマテックなど

外国為替 2022年04月25日 12:15
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.
富士通ゼ (TYO:6755):2257円(-68円)
大幅反落。
先週末に22年3月期の業績下方修正を発表。
営業利益は従来予想の150億円から84億円、前期比55.2%減に引き下げ。
第3四半期決算時に下方修正を行っており、市場コンセンサスはほぼ会社計画並みだった。
上海の都市封鎖や物流の停滞によって、1-3月期の売上高が下振れたもよう。
また、対ドルでの円安も減益要因につながったようだ。
今期は増収増益見込みとしているが、下振れ幅の大きさがネガティブインパクトに。



東製鉄 (TYO:5423):1310円(+113円)
大幅反発。
先週末に22年3月期の決算を発表、営業利益は318億円で前期比8.0倍となり、23年3月期は300億円で同5.6%減を見込んでいる。
実績、見通しともにコンセンサス水準とみられるが、燃料費上昇懸念などが強まっていた中、安心感が強まる状況のようだ。
出荷数量の大幅な増加見通しなどは想定外と捉えられている。
また、発行済み株式数の2.42%を上限とする自社株買いを発表、需給面からの期待材料につながっている。



東洋建 (TYO:1890):974円(+18円)
続伸。
任天堂創業家の資産運用会社「ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス」が資金を拠出する投資ファンドが筆頭株主となったと伝わり、インフロニアHDが実施しているTOB価格の引き上げ期待なども足元で強まっていたが、同ファンドでは1株当たり1000円でのTOB実施を提案していることが明らかになっている。
同ファンド提案のTOB価格にサヤ寄せを目指す動きが先行。



東急建設 (TYO:1720):586円(-72円)
大幅続落。
先週末に22年3月期の業績下方修正を発表している。
営業損益は従来予想の36億円の赤字から61億円の赤字に引き下げ、前期は35.5億円の黒字であった。
国内土木工事において、受注時期や工事進捗の遅れなどで完成工事高が減少、海外工事においても、一部の進捗遅れに伴う経費増加が見込まれるとしている。
年間配当金も従来計画の40円から25円に引き下げている。



エレマテック (TYO:2715):1178円(+80円)
大幅続伸。
先週末に22年3月期の決算を発表、営業利益は83.5億円で前期比52.8%増益となり、従来予想の65億円を大幅に上振れる着地になっている。
為替相場の円安推移の他、ドライブレコーダー及びゲーム機向け各種関連部材の販売が好調に推移したもよう。
年間配当金も従来計画の43円から53円に引き上げ。
また、23年3月期も前期比7.2%増の89.5億円、7円増の60円配当を計画している。



シイエヌエス (TYO:4076):1632円(+77円)
大幅に反発。
22年5月期の営業利益を従来予想の4.67億円から5.15億円(前期実績4.58億円)に上方修正している。
デジタル革新推進事業及びシステム基盤事業(オンプレミス基盤)が好調に推移したため。
併せて期末配当を従来予想の30.00円から45.00円(前期末実績30.00円)に増額修正している。
上場1周年記念配当として15.00円を加えた。
年間配当も同額となる見通し。



ソレイジア (TYO:4597):89円(+1円)
もみ合い。
自社開発品SP-05の権利導入元及び共同開発先のスウェーデン企業Isofol社が、進行・転移性大腸がんに対するSP-05、5-FU、オキサリプラチン及びベバシズマブとの併用効果を検討した多施設国際共同第III相試験(AGENT試験)のデータ解析を開始したと発表している。
米国食品医薬品局(FDA)との協議を踏まえた措置という。
今回の試験のトップライン結果公表は、解析開始から2-4カ月間を要する見込みとしている。



アスカネット (TYO:2438):1115円(+12円)
5日ぶり反発。
一部メディアが売上高100億円以下の中堅上場企業を対象に1-3月の株価上昇率の高い企業をランキングした結果、アスカネットの上昇率が21年末比50.2%で1位となり、買い材料視されている。
報道では「主力事業が安定して利益を生み出すほか、足元ではコンビニのレジ向けに提供する空中ディスプレー事業が市場の注目を集める」などと評価されている。
注目銘柄ダイジェスト(前場):東急建設、東製鉄、エレマテックなど
 

関連記事

利上げ先行組の転機【フィスコ・コラム】
利上げ先行組の転機【フィスコ・コラム】 執筆: Fisco - 2022年06月26日

NZドルのさえない値動きが目立っています。 中銀はなおタカ派姿勢を崩していませんが、低調な経済指標から景気減速が鮮明になりつつあります。 NZドルはG10通貨のなかで最も早い利上げ...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する