最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

個人投資家Rょーへー:6月相場は明と暗がくっきりと【FISCOソーシャルレポーター】

外国為替 2022年07月02日 10:45
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家Rょーへー氏(ブログ「デイトレで勝てない人のためのブログ」を運営)が執筆したコメントです。
フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。


----

※2022年6月30日15時に執筆

こんにちは。
『デイトレで勝てない人のためのブログ』を運営しているRょーへーと申します。
16年間デイトレードを続けていますが、最近の相場はかなり難易度が高く感じています。
不安定な相場、暴落相場が続く今、デイトレードというスタイルに再度注目してみたいと思います。


■ギャップの大きい相場が継続

5月相場もそうでしたが、6月に入ってからも大きなギャップアップやギャップダウンが繰り返されました。
日本市場の開場時間に大きなボラティリティが出てくればデイトレードにしてもスイングトレードにしても方向性や表情が見えてやりやすくもあると思います。


しかし大きなギャップは起こるものの、寄り付き以降、特に10時以降はおとなしい動きが続いてしまい、いまいち方向感のつかめない相場が続いていました。



■大きな売りとともに変化の兆し

6月2週目になると大きな売り込みが続き、単なるギャップダウンではなく売り優勢、それも強い売りが出ました。
しかし転換となるのは過去を振り返っても得てしてそういう時です。
実際この売りを契機にいったん強い相場が戻ってきました。


それも日本市場の開場中に強い動きが見られるようになりましたから、ここで勝負の手を打った人も少なくないでしょう。


どうしても出来高が細った時期には低位株や、板の薄い銘柄が活況になったり、普段あまり注目されていないようなところに人が集まり活況になるものです。
5月や6月1週目にはそういう動きが目立ったものの、2週目以降はテーマ株、IPOとよく動いていたように見えました。



■思惑相場は強く

江戸バースを思惑としたShinwa (TYO:2437)は6月中旬以降、かなり強い動きを見せてきました。
他にもゲーム関連銘柄に思惑が波及し、強く買われる銘柄も出てきています。
バイオ関連株やゲーム関連株は特に個人投資家が好むセクターですので、このあたりの動きが継続して活況となれば新興市場もまた盛り上がりを取り戻すかも知れません。


2022年はテーマ株のように扱われても小さな線香花火にしかならず、チャートは行って来いチャートを描いてしまうケースも多かった中でこのように息の長い上昇を見せるセクターが出てきたことはとても良い材料と言えます。


NFT(非代替性トークン)ゲームに関してはまだまだ賛否が分かれる分野ですし、すでに地位を築いたナンバーがNFT化するかどうかは全くわかりません。
ですから自社キャラクターを持っているゲーム関連銘柄に特に注目していきたいと思います。


■乗り遅れたら静観も

これは常々書いていることですが、乗り遅れてしまったと感じたら素直に見送りましょう。
2020年、2021年のようにチャンスがいくらでもあるような相場ではありませんが、それでも強引なトレードをすればあっさり大損という可能性も否めません。


勝ち続けているトレーダーさんは待つことも仕事のうちと考え、自分の得意なパターンを虎視眈々と狙っています。
まずは自分の得意パターンを確立し、蟻地獄のように静かにチャンスを待つ忍耐力、そしてチャンスがきたら確実に動けるメンタルを養っておきましょう。




今回はここまでですが、『デイトレで勝てない人のためのブログ』やYouTubeでは私が使っている負けない手法の内容やお役立ち情報を大量に載せました。
是非『デイトレ 勝てない人』と検索してご覧下さい。



あくまで私個人が勝てるようになった経緯に基づいた個人的な意見になります。
参考になるという方もいれば、参考にならない方もいらっしゃると思います。


多くの人に面白いと思ってもらえるような記事作りに励んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします。




----

執筆者名:Rょーへー
ブログ名:デイトレで勝てない人のためのブログ

個人投資家Rょーへー:6月相場は明と暗がくっきりと【FISCOソーシャルレポーター】
 

関連記事

利上げ競争は一服か【フィスコ・コラム】
利上げ競争は一服か【フィスコ・コラム】 執筆: Fisco - 2022年08月14日

米消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化したことを受け、コロナ禍後のインフレ抑止に向けた世界的な利上げ競争は一服しつつあります。 ただ、当面、物価の高止まりが予想されるなか、主要国が...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する