最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

アングル:再編促す政府・日銀「3本の矢」、地銀からは消極的な声

株式2020年11月17日 17:54
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. アングル:再編促す政府・日銀「3本の矢」、地銀からは消極的な声

和田崇彦

[東京 17日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大で地域経済が厳しさを増す中、政府と日銀が地方銀行の再編を促す施策を相次ぎ打ち出した。地銀の経営体力を確保するのが狙いで、「3本の矢」が出揃ったとの指摘も聞かれるが、実際に客と向き合う地銀の間に、一連の政策が統合を後押しするとの見方は多くない。

<地銀の統合促進へ「3本の矢」>

「本制度を理由に再編することはありえない」。コンコルディア・フィナンシャルグループ (T:7186)の大矢恭好社長は11日の決算会見で、日銀が前日に打ち出した施策に言及した。同社は横浜銀行と東日本銀行を傘下に持ち、大矢社長は地銀協の会長も務める。大矢社長は、他の地銀との経営統合には多様なステークホルダーの納得を得る必要があると指摘。「再編に価値がないとやる意味がない」と述べた。

日銀が10日に発表した施策は、経営効率化を図ることを条件に地域金融機関の当座預金にプラス0.1%の特別付利を実施する制度。他行との経営統合に踏み切る、あるいは一定の経費削減基準をクリアすることが求められる。

それから数日後、今度は政府が地銀統合の場合にシステム統合などの費用を支援する事実上の補助金制度を検討していることが明らかになった。27日には地銀の合併を独占禁止法の適用除外とする特例法が施行される。地銀に経営統合を促すための「3本の矢」(市場関係者)がそろった格好だ。

しかし、地銀には日本各地の地域経済をずっと支えてきた自負がある。取引先や預金者に利点がない限り、公的な制度ができたからといって他行と統合することはないとの声が聞かれる。

ある地銀幹部は「地域の顧客にどう向き合うかを第一に考え、われわれは自主独立路線を貫いてきた。統合を検討しているところなら検討を加速させる一因になるだろうが、政府・日銀の施策をきっかけに独立路線を採ってきた地銀が統合を決めることは想定しづらい」と話す。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの廉了主席研究員は一連の施策について、地銀の統合を後押しするには「材料不足」と指摘する。地銀が営業基盤とする地域経済は新型コロナの打撃を受けており「統合してもその先が描けない」と語る。

廉氏は、長崎県が地盤の十八銀行(現・十八親和銀行)がふくおかフィナンシャルグループ (T:8354)の傘下に入る形で実現した地銀統合をモデルケースに挙げる。近隣の中核都市に店舗を展開するだけでは金利競争に陥ってしまうなど収益を上げていくのは難しく「中核都市に基盤のあるところとの連携を目指さないと生き残りは厳しい」と話す。

<高い経費削減のハードル>

それでも、特別付利プラス0.1%は魅力的だ。そのため地銀の多くは、経営統合ではなく経営効率化で日銀の条件を満たそうと考えている。コンコルディアFGの大矢社長は11日、「制度の経済的メリットは大きく、チャレンジしたい」と述べ、経費削減で適用申請する方針を示した。ある地銀幹部も、日銀の制度の詳細が判明したらシミュレーションに入ると話す。

日銀の高口博英金融機構局長は施策を発表した10日、記者団に対し「(経営基盤の強化のあり方は)各金融機関の経営判断だ」と説明。「経営統合や合併は地域金融機関の経営基盤強化のための有力な選択肢だと思うが、単独あるいは他業態とアライアンスを組むことなどにより、収益力の強化や経費の圧縮を進めることも十分あり得る」と述べた。

問題は、そのハードルが高すぎると地銀がみていることだ。2019年度比で経費率(OHR)を20年度1%以上、21年度3%以上、22年度4%以上引き下げる必要がある。減価償却費を除いた経費なら、それぞれ2%以上、4%以上、6%以上削減しなくてはならない。

金融庁や日銀にコスト削減を求められる中、多くの地銀が中期経営計画に「コアOHR」(コア業務粗利益を分母にとって算出)の目標を掲げ、経費削減に取り組んできた。しかし、コロナ禍以前から継続的にコスト削減に努めているにもかかわらず、コアOHRが上昇を続けている地銀もある。OHRの分母に当たる業務粗利益が減れば、コスト削減に励んでもOHRには上昇圧力が掛かるからだ。

「日銀の基準を満たすには店舗を大幅に減らし、人員を削る必要が出てくるが、顧客の利便性を考えれば店舗は削らず、サービスは維持したいというのがわれわれの考えだ」(地銀幹部)と、性急な経費削減に慎重な声も聞かれる。

日銀の特別付利を巡り、地銀の経営幹部から経営効率化の「ハードルが高すぎる」などの指摘が出ていることについて、日銀はコメントを差し控えるとした。

(和田崇彦 編集:久保信博)

アングル:再編促す政府・日銀「3本の矢」、地銀からは消極的な声
 

関連記事

東芝大株主の3D、取締役4人の即時辞任を要求
東芝大株主の3D、取締役4人の即時辞任を要求 執筆: Reuters - 2021年06月13日

山崎牧子 [東京 13日 ロイター] - 東芝の第2位株主である3Dインベストメント・パートナーズが、永山治取締役会議長など取締役4人の即時辞任を要求したことが明らかになった。3...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する