最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える

株式2020年11月24日 15:21
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える

■事業概要1. セグメント同社グループは、持株会社であるベルシステム24ホールディングス (T:6183)及び子会社4社((株)ベルシステム24、CTCファーストコンタクト(株)、(株)ベル・ソレイユ、(株)ポッケ)で構成されており、コールセンター業務を中心とするCRM事業を主たる事業として、全国で事業展開している。

同社のセグメントは、CRM事業とその他事業の2つである。

なお、2019年2月には事業再編に伴い、100%子会社であった(株)BELL24・Cell Productを売却した。

また、2019年3月には子会社の(株)ビーアイメディカルからCSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務受託機関)事業を譲渡し、さらに2019年11月にはビーアイメディカルをベルシステム24が吸収合併した。

このように、事業再編によってグループのコア事業であるCRM事業に経営資源を集中する体制を整えている。

(1) CRM事業ベルシステム24(同社100%子会社)によるCRM事業には、クライアント企業の商品やサービスに関する質問などに対応するカスタマーサポート業務、クライアント企業の商品・サービスなどの販売促進をサポートするセールスサポート業務、クライアント企業のIT製品などの操作方法などに関する質問に対応するテクニカルサポート業務、クライアント企業のデータ入力やWeb制作などを請け負うBPO(Business Process Outsourcing:業務プロセスの外部委託)などがある。

いずれも電話での対応を軸に、Webやメールのほか、近年、成長が著しいソーシャルメディアやチャットにも対応している。

また、2020年10月には、凸版印刷が51%、同社が49%出資した(株)TBネクストコミュニケーションズが、コンタクトセンター業務を中心とするアウトソーシングサービス、コンサルティングサービス業務を開始した。

海外にも事業展開をしており、子会社のベルシステム24では、2017年7月にはベトナムのコンタクトセンター大手であるHoa Sao Group Joint Stock Companyへの49%の出資を完了し、社名をBellsystem24-Hoa Sao Joint Stock Company(以下、Hoa Sao)に変更した。

Hoa Saoは、ベトナム国内10拠点でコンタクトセンター事業を展開している。

さらに、ベルシステム24ホールディングスでも、2020年1月にはタイのコンタクトセンター事業者大手のTrue Touchに出資し、2020年2月には台湾最大手の総合通信会社である中華電信子会社と業務締結するなど、CRM事業の海外展開を活発化している。

(2) その他事業a) CTCファーストコンタクトBPO分野でのビジネス拡大を目的に、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ (T:4739))の100%子会社でサービスデスクやコンタクトセンターなどの業務アウトソーシングサービスを担うCTCファーストコンタクト(以下、CTCFC)を2017年7月より合弁会社化し、同社はCTCFCの51%の株式を取得した。

ITに関する専門的な知識を有するCTCFCは、これまでHDI国際認定に準拠したサービスデスク/コンタクトセンターの運用サービス、教育・研修やマニュアル作成を含めたバックオフィスサービスなどを多数展開している。

b) ポッケ同社の100%子会社で、インターネット、その他メディアを利用した各種コンテンツの企画、制作、販売、及びこれに関するサービス運営をしている。

具体的には、占い、気象予報、ライフスタイル、映像制作、法人向けなどの事業を展開し、様々なコンテンツを提供している。

c) ベル・ソレイユ同社の100%子会社で、「障がい者の雇用の促進等に関する法律」による特例子会社の認定を受け、ベルシステム24にも多く人材を紹介している。

売上収益及び営業利益の大部分を占めるCRM事業2. 収益構造同社では、CRM事業が連結売上収益及び営業利益の大部分を占めている。

2021年2月期第2四半期累計の連結業績では、CRM事業が売上収益の99.1%を占め、その他事業は0.9%にとどまる。

また、営業利益でもCRM事業が98.0%、その他事業が2.0%である。

2020年2月期の医薬関連事業再編に伴い、従来はその他事業に分類されていたビーアイメディカルがベルシステム24に吸収合併されたことから、CRM事業のウェイトがさらに大きくなり、同時に、その他事業の営業利益率が改善している。

(1) CRM事業内のセグメント別内訳CRM事業は、継続業務とスポット業務に分類される。

契約期間が1年以上の案件を指す継続業務は、2021年2月期第2四半期累計では、CRM事業の売上収益の89.0%を占める同社のコア事業である。

ただ、2021年2月期第2四半期はコロナ禍で新規案件の遅れの影響を受けた。

一方、CRM事業売上収益の11.0%を占めたスポット業務は、1年未満の契約のものから、リコールなどの際にクライアント企業の要請により数日で対応窓口を開設するものなど様々で、比較的に小さい案件が多いものの、利益率は比較的高いと見られる。

特に2021年2月期第2四半期は、政府によるコロナ対策としての各種支援に関する案内対応業務の増加などに伴い、スポット業務が大きく伸びた。

(2) CRM事業の業種別売上内訳CRM事業における2021年2月期第2四半期累計の業種別売上収益上位300社の構成比を見ると、放送・出版・情報サービスが26.1%、運輸・通信が25.0%、金融が16.9%、流通(小売・卸売)が16.4%、製造が11.2%、電気・ガス・水道等が2.5%、その他が2.0%の構成となっている。

前年同期の売上収益との比較では、流通(小売・卸売)を除き、他の全業種で増加した。

近年では、大型クライアントが加わったことで、運輸・通信業の比率が2017年2月期の10.2%から、大きく拡大している。

また、前年同期比では、凸版印刷との連携業務が増えたことで、製造業の比率が増大している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する