最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

米国株式市場=上昇、FOMC議事要旨を消化

株式 2022年07月07日 06:45
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. 米国株式市場は上昇。午後に入り公表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨からは、インフレ情勢や金融政策の道筋を巡り新たな手がかりが示された。写真は2020年

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 米国株式市場は不安定な値動きとなった後、上昇して取引を終えた。午後に入り公表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨からは、インフレ情勢や金融政策の道筋を巡り新たな手掛かりが示された。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した6月14─15日のFOMC議事要旨によると、インフレ状況の悪化やFRBの対応能力への信頼喪失を懸念し、大幅利上げに踏み切ったことが明らかになった。

また、7月下旬のFOMCで50ベーシスポイント(bp)か75bpの利上げが適切になる可能性が高いとの見方が示されたことも分かった。

議事要旨公表前の時点で投資家は7月も75bpの利上げを織り込んでいた。50bpと75bpの双方が検討対象と分かり、FRBが利上げによる景気への影響を認識していることが示された。

議事要旨によると、参加者はFRBの政策が予想以上に大きな影響を与える可能性があることを認めた。

グレンミードのジェーソン・プライド氏は「投資家はFRBによる利上げのターミナルレートに注目しており、50bpか75bpという議論は(金利が)どこにたどり着くかを示唆する」と指摘。50bpならターミナルレートは3%、75bpなら3.25%か3.5%を示唆するとし、3.5%以上では景気後退リスクが約50%になるとの見方を示した。

議事要旨公表前は主要株価3指数が不安定な値動きとなった。その後も一時プラス圏とマイナス圏を出入りする場面が見られたが、堅調に上昇して取引を終えた。

S&Pの主要11セクターのうち8セクターが上昇。公益事業と情報技術 が主導した。一方、エネルギーは1.7%下落。景気後退への懸念から原油価格が12週間ぶり安値を付けたことが重しとなった。

個別銘柄ではウーバー・テクノロジーズとドアダッシュがそれぞれ4.5%安と7.4%安。アマゾン・ドット・コムが欧州の料理宅配大手ジャスト・イート・テイクアウェー・ドットコム傘下で苦境にあえぐ米同業グラブハブの株式2%を取得することで合意した。

電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブは、納車台数の増加を好感して10.4%高となった。

米取引所の合算出来高は113億1000万株。直近20営業日の平均は130億8000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 31037.68 +69.86 +0.23 30957.30 31224.69 30794.84

前営業日終値 30967.82

ナスダック総合 11361.85 +39.61 +0.35 11337.90 11443.15 11250.32

前営業日終値 11322.24

S&P総合500種 3845.08 +13.69 +0.36 3831.98 3870.91 3809.37

前営業日終値 3831.39

ダウ輸送株20種 13210.01 -6.61 -0.05

ダウ公共株15種 967.94 +9.73 +1.02

フィラデルフィア半導体 2494.11 +16.47 +0.66

VIX指数 26.73 -0.81 -2.94

S&P一般消費財 1121.30 -2.70 -0.24

S&P素材 459.75 +2.82 +0.62

S&P工業 738.19 +4.47 +0.61

S&P主要消費財 758.08 +1.62 +0.21

S&P金融 527.00 -1.33 -0.25

S&P不動産 259.28 +0.03 +0.01

S&Pエネルギー 522.60 -9.26 -1.74

S&Pヘルスケア 1513.46 +9.90 +0.66

S&P通信サービス 193.09 +0.81 +0.42

S&P情報技術 2276.11 +19.96 +0.88

S&P公益事業 356.31 +3.56 +1.01

NYSE出来高 10.90億株

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 26300 + 300 大阪比

シカゴ日経先物9月限 円建て 26265 + 265 大阪比

米国株式市場=上昇、FOMC議事要旨を消化
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する