最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 今すぐアップグレード

再送ソフトバンクG、アリババ株利用の先渡売買契約 一部前倒しで4.6兆円の利益

株式 2022年08月10日 19:27
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.  8月10日、ソフトバンクグループは、アリババ株を利用して資金調達する先渡売買契約のうち、一部を早期に現物決済することを決議したと発表した。写真は都内で2017年7月撮影

(見出しの「資金調達」を「先渡売買契約」に修正します)

[東京 10日 ロイター] - ソフトバンクグループは10日、アリババ株を利用して資金調達する先渡売買契約のうち、一部を早期に現物決済することを決議したと発表した。アリババ株の保有比率が低下して持分法適用会社から外れるため、含み益が顕在化し、第2・四半期の税引き前利益に約4兆6000億円を計上する見込みという。

連結決算への影響は確定後に改めて公表するとしている。

100%子会社と金融機関が締結している先渡売買契約のうち、最大約2億4200万ADR(米国預託証券)を対象に早期現物決済し、同子会社にアリババ株を譲渡する。ソフトバンクGのアリババ株保有比率は6月末の23.7%から14.6%に低下する。

ソフトバンクGが8日に発表した4─6月期決算は3兆1627億円の純損失だった。最終赤字は2四半期連続で、合計約5兆3000億円の純損失を計上した。

ソフトバンクGは2000年に初めてアリババに投資。持分法適用会社から外れた後も良好な関係を維持するとしている。

再送ソフトバンクG、アリババ株利用の先渡売買契約 一部前倒しで4.6兆円の利益
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する