最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデーセール、最大54%引きでInvestingPro+ 特典の請求

サイバーコム Research Memo(1):業務ソフトウェア開発やSIサービスの好調により、過去最高を更新する見通し

株式 2022年09月28日 15:15
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.
 
6701
+0.72%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
9749
-1.34%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
3852
-1.88%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
■要約

サイバーコム (TYO:3852)は、富士ソフト (TYO:9749)を親会社とするシステム開発会社で、通信分野で培った技術力を基盤としたソフトウェア開発事業を主力に、SI(システムインテグレーション:サーバ/ネットワーク構築、保守・運用、評価検証)サービスや自社プロダクトの販売などサービス事業も展開している。
主要顧客はNEC (TYO:6701)グループで売上構成比の約3割を占める。
2022年4月の東京証券取引所(以下、東証)市場区分見直しにより、スタンダード市場へ移行した。


1. 2022年12月期第2四半期累計業績の概要
2022年12月期第2四半期累計(2022年1月〜6月)の業績は、売上高で前年同期比11.4%増の8,267百万円、営業利益で同19.1%増の639百万円と期初計画(売上高7,900百万円、営業利益550百万円)を上回る増収増益となった。
売上高は主力のソフトウェア開発事業が同11.4%増と好調に推移した。
通信系は開発案件の一巡により減収となったものの、業務系が金融、公共分野を中心に好調に推移したほか、減少傾向が続いていた制御系も増収に転じた。
サービス事業もクラウド移行・構築案件や5G基地局検証案件を中心に同11.4%増と増収基調が続いた。
利益面では、増収効果に加えて販管費を抑制できたことも増益要因となった。
計画比では、売上高の上振れによる売上総利益の増加が主な増額要因となった。


2. 2022年12月期の業績見通し
2022年12月期の業績は、売上高で前期比5.0%増の16,300百万円、営業利益で同4.8%増の1,000百万円とする期初計画を据え置いた。
足元の受注状況は引き続き順調に推移していることから、通期業績についても会社計画を上回る可能性が高いと弊社では見ている。
ソフトウェア開発事業では、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に対する投資意欲が依然旺盛で、業務系を中心に好調が続く見通し。
サービス事業もクラウド移行・構築案件を中心に需要が旺盛なことから、AWS等の資格認定技術者の育成に注力し、これらの需要を取り込んでいく方針だ。
また、自社プロダクトでは2022年3月に販売を開始した「Cyber Position Navi Plus」が注目されている。
誤差10cmの高精度で人やモノの動線を正確に把握できることが特長で、工場や倉庫、店舗、オフィスなど様々な分野で利用できることから、業務効率の向上や売上拡大につながるソリューションとしての需要拡大が期待される。


3. 中期計画の進捗状況
2023年12月期までの3ヶ年中期計画「サイバーコムビジョン2023~増収増益の継続~」で同社は成長戦略として、ソフトウェア開発事業では「変化と創造」、サービス事業では「新サービスの確立」をテーマに掲げ、営業の効率化も進めながら持続的な収益成長を目指す方針を打ち出している。
2023年12月期の業績目標は売上高で17,200百万円、営業利益で1,060百万円としているが、進捗状況は順調で営業利益に関しては1年前倒しで達成できる可能性も出てきていると弊社では見ている。
同社では今後も成長の源泉となる人財への投資を継続していく方針で、エンジニアの採用環境が厳しいなかで2022年12月期からは未経験者の中途採用も開始している。
また、教育研修を強化することで、個々のエンジニアのスキルアップを図りながら難易度の高い大型・高収益プロジェクトの受注を獲得していく戦略だ。
注力分野としては、金融・公共分野、5G関連や自動運転等のモビリティ分野のほか、IoTソリューション等が挙げられ、今後の展開が注目される。


■Key Points
・良好な受注環境を背景に、2022年12月期第2四半期累計業績は会社計画を上回る増収増益に
・2022年12月期業績は期初計画を据え置くも上振れの可能性が高い
・3ヶ年中期計画「サイバーコムビジョン2023~増収増益の継続~」は順調に進捗

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


サイバーコム Research Memo(1):業務ソフトウェア開発やSIサービスの好調により、過去最高を更新する見通し
 

関連記事

お知らせ=重複記事を削除します
お知らせ=重複記事を削除します 執筆: Reuters - 2022年11月30日

[東京/パリ/北京 29日 ロイター] - 午前2時56分に配信した「日産と仏ルノー、提携関係の再構築発表に向け日程調整=関係筋」は、重複して配信されたため削除しました。

29日のNY市場はまちまち
29日のNY市場はまちまち 執筆: Fisco - 2022年11月30日

[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;33852.53;+3.07Nasdaq;10983.78;-65.72CME225;27990;-70(大証比)[NY市場デ...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する