最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデー期間延長セール、最大60%引きでInvestingPro+ 特典の請求

米国株式市場=続伸、FRB積極利上げ緩むとの観測

株式 2022年10月05日 07:09
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. 米国株式市場は続伸して終了した。2019年9月、ニューヨークで撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid//File Photo)

[4日 ロイター] - 米国株式市場は続伸して終了した。S&P総合500種は2年ぶりの大幅な上昇となった。米経済指標が軟調だったことに加え、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の利上げ幅が予想よりも小幅にとどまり、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げの手綱を緩めるのではないかとの観測が出ている。

労働省が4日に発表した8月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数が110万人減の1010万件と、2020年4月以来の大幅な落ち込みとなった。

豪中銀は4日に開いた理事会で、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げた。予想の50bpより小幅な利上げで、市場はサプライズと受け止めた。

アメリプライズ・ファイナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、アンソニー・サグリンベン氏は、豪中銀は今年に入り積極的な利上げを実施した後、利上げペースを減速する時が来たというの認識を示した最初の主要中銀だと指摘。「第4・四半期のある時点でFRBも同様の見解を示すのではないかという期待がある」と述べた。

米10年債利回りが2日連続で低下し、金利動向に敏感なテクノロジー株が買われた。

S&Pは20年5月以降で最大の上げを記録。また同指数とダウ工業株30種はこの2日間の上昇が20年4月以来最大となった。

個別銘柄ではツイッターが22.24%急騰。米実業家イーロン・マスク氏が当初の合意通り1株当たり54.20ドルでツイッター買収を進めると提案したことを受けた。

マスク氏が最高経営責任者(CEO)を務める電気自動車(EV)大手テスラはこのニュースが出る前は約6%上昇していたが、2.9%高で終了した。

大型テクノロジー株が市場の上げを主導。アマゾン・ドット・コムは4.50%高、マイクロソフトは3.38%高、アップルは2.56%高、グーグル親会社アルファベットは3.04%高。

銀行株も買われ、シティグループとモルガン・スタンレーは4%超、ゴールドマン・サックスは5%超値上がりした。

新興EVメーカーのリビアン・オートモーティブは13.8%高。第3・四半期の生産台数が7363台と前期比67%増加したほか、2万5000台という年間生産台数目標を維持した。

この日は幅広い銘柄に買いが入り、S&P構成銘柄で下落したのはわずか6銘柄だった。

米取引所の合算出来高は125億1000万株。直近20営業日の平均は116億3000万株。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を6.80対1の比率で上回った。ナスダックでも3.70対1で値上がり銘柄数が多かった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 30316.32 +825.43 +2.80 29826.67 30325.05 29826.67

前営業日終値 29490.89

ナスダック総合 11176.41 +360.97 +3.34 11054.72 11189.96 11044.04

前営業日終値 10815.44

ダウ輸送株20種 12918.37 +453.41 +3.64

ダウ公共株15種 933.20 +18.41 +2.01

フィラデルフィア半導体 2500.11 +106.80 +4.46

S&P一般消費財 1165.04 +40.00 +3.56

S&P素材 457.98 +15.66 +3.54

S&P工業 747.20 +25.20 +3.49

S&P主要消費財 718.73 +10.86 +1.53

S&P金融 538.36 +19.66 +3.79

S&P不動産 233.88 +3.73 +1.62

S&Pエネルギー 609.84 +25.39 +4.34

S&Pヘルスケア 1475.06 +33.57 +2.33

S&P通信サービス 171.37 +4.54 +2.72

S&P情報技術 2216.14 +70.83 +3.30

S&P公益事業 349.83 +7.37 +2.15

NYSE出来高 11.56億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 27180 + 270 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 27170 + 260 大阪比

*内容を追加して再送します。

米国株式市場=続伸、FRB積極利上げ緩むとの観測
 

関連記事

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する