🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

自動車用バッテリーメーカー、EUのカルテル申し立てに異議申し立てへ

編集者Brando Bricchi
発行済 2024-05-30 03:16
© Reuters.
BANR
-
EXID
-
CLARI
-

自動車用バッテリーメーカーのコンソーシアムは、来週ブリュッセルで開かれる非公開の公聴会で、価格固定のためのカルテル形成の申し立てに異議を申し立てる予定だ。訴えられているのは、バナー(NASDAQ:BANR)、クラリオス、エグゼイド、フィアム・エナジー・テクノロジー(FET)、その前身であるエレトラ、ロンバートの各社。競争監視機関でもある欧州連合(EU)の執行部門は昨年、欧州の自動車メーカーに販売される自動車用スターター・バッテリーの価格を吊り上げたとして、これらの企業を告発した。

欧州委員会によると、談合の疑惑は2004年から2017年にかけて発生した。この期間中、被告企業らは、いわゆるユーロバット・プレミアム・システムの下で、自動車メーカーとの価格交渉において新たな指標を設定、公表、利用することに合意したとされる。

今後1週間にわたって行われる公聴会は、欧州委員会から起訴された業界団体ユーロバットおよびそのサービスプロバイダーであるケレン社とともに、両社が弁明を行う機会となる。このような公聴会では通常、欧州委員会の高官や各国の競争当局の代表者、ライバル企業や顧客の前で、告発された企業が弁明を行う。めったにないことではあるが、このような審理によって、容疑が絞られる可能性もある。

EU反トラスト法違反で有罪となった場合、内燃機関自動車に一般的に使用されている12ボルトの鉛バッテリーを製造しているこれらの企業は、全世界の売上高の10%にも上る罰則を科される可能性がある。現在のところ、欧州委員会、バナー社、FET社はコメントを控えている。クラリオス社、エグゼイド社、ロンバト社、ユーロバット社、ケレン社にコメントを求めても、すぐに回答は得られない。

この記事はロイターが寄稿した。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます