最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

キャッシュフローとは、資金の流れと会社

 

キャッシュフローと資金繰り

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは、企業の一定期間における現金及び現金同等物の収支を表すものです。簡単に言えば会社にある現金の事です。

キャッシュフローが良いということは、その企業における資金の流動性が高かったり上昇したりしていることを示します。 キャッシュフローが悪いということは、その企業における資金の流動性が低かったり縮小していることを示します。 キャッシュフローが良好な企業は柔軟性があるため、債務の履行、企業資産の改善、株主への還元などの様々な課題を解決することができます。

キャッシュフローは現金の側面のみを指し示すものであるため、必ずしも会社が利益を上げているかどうかを示すものではありません。但し、利益を上げていてもキャッシュフローが弱い企業は、短期的な負債を定期的に決済することができないために成長が困難であったり、失敗する可能性があります。

利益が、在庫、売掛金、不動産などのような流動性が低いものに充てられていた場合は、会社を存続させることも困難かもしれません。

一方、現金(現金同等物)があり短期債務を容易に履行することができるような強いキャッシュフローを有する企業もまた、その成長可能性に反して負債があったり、または長期負債のサービスを持続出来ないような資産の売却を行った可能性があります。これは会社のキャッシュフローには全く反映されませんが、不採算につながる可能性があります。

例えば、新興企業が、将来収益を生み出すことを期待している投資家から現金を受け取った場合、短期的には企業の安定性が確保されるでしょう。 しかし、それに続くキャッシュフローを生み出す収入がなければ、長期的な安定性は決して確実ではありません。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は大きく3つに分けて、営業、投資、財務があります。 営業活動によるキャッシュフローは、その会社の主な事業に関する現金の支出を指します。例:製品の売上から得られる収入とコスト。

投資活動によるキャッシュフローは、事業運営の改善に関する現金の収支を指します。例:設備投資をした時の支出。財務活動によるキャッシュフローは、借入金の返済や株式の再発行などに関する現金の支出を指します。

Investing.comでは、各社のメインページから会計報告タブでキャッシュフロー計算書を見ることができます。 例:アマゾン・ドット・コム。 表の左上のタブは、明細間隔を年次または四半期ごとに変更することができます。

●おすすめ記事

Googleから登録する
または
メールで登録する