🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

ホーム・デポ、ブロッジ氏をEVP兼オンライン社長に任命

編集者Frank DeMatteo
発行済 2024-05-30 22:25
© Reuters
HD
-

アトランタ発-世界最大のホームセンターとして知られるホーム・デポは、ジョーダン・ブロッジを2024年6月3日付でカスタマー・エクスペリエンス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント(EVP)兼オンライン担当プレジデントに昇格させると発表した。同社に10年以上勤務しているブロッジ氏は、店舗、オンライン、モバイル機器など、あらゆるプラットフォームにおける顧客体験の強化を担当する。

ブロッジの昇進は、デジタルと物理的なカスタマーサービスをさらに統合するというホーム・デポの戦略的な動きの一環である。財務や戦略的事業開発など、社内での幅広い経歴を持つブロッジは、ホーム・デポのオンライン・プレゼンスの発展に貢献してきた。彼の前職であるオンライン担当上級副社長兼社長は、小売業者のデジタル戦略を大きく前進させた。

ザ・ホーム・デポのテッド・デッカー会長兼社長兼CEOは、ブロッジのリーダーシップとイノベーション推進における彼の役割を賞賛し、彼が顧客やサプライヤーとの関係に与えたプラスの影響を強調した。デッカー氏は、摩擦のない、相互接続されたショッピング体験を提供する同社の取り組みを率いるブロッジ氏の能力に自信を示した。

また、今回の発表は、マット・キャリーの退任を示すもので、キャリーは今年末でカスタマー・エクスペリエンス担当EVPを退任する。キャリーは、ホーム・デポのITおよびソフトウェア開発部門において、一連の変革的イニシアチブをとったことで知られている。彼の貢献は、ホーム・デポを相互接続型の大手小売業者として確立する上で極めて重要であった。

キャリーは定年まで顧問を務め、ブロッジへのスムーズな責任移行を保証する。デッカー氏は、ホーム・デポの顧客ベースの進化するニーズに適応する上で重要な役割を果たしてきたキャリーの会社への多大な貢献を認めた。

ホーム・デポは北米で2,300以上の小売店舗を運営し、約465,000人の従業員を雇用している。同社の株式はニューヨーク証券取引所にNYSE:HDのティッカーで上場されており、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均とS&P500種株価指数の構成銘柄でもある。

プレスリリースの声明によると、ホーム・デポの今回のリーダー交代は、卓越した顧客サービスとデジタル・イノベーションに対する同社の継続的なコミットメントを反映したものである。

その他の最近のニュースでは、ホーム・デポは財務面での躍進を続けている。ホームセンターのホーム・デポは、第1四半期の株主配当を1株当たり2.25ドルとし、149四半期連続で現金配当を実施した。この動きは、ホーム・デポの株主への価値還元という一貫したやり方を強調するものであり、同社の継続的な財務業績への自信を示すものである。

アナリストのニュースでは、TDコーウェンがホーム・デポの目標株価を440ドルから420ドルに修正し、「買い」のレーティングを維持した。HSBCもホーム・デポの目標株価を修正し、リデュースのレーティングを維持しながら、前回の323.00ドルから318.00ドルに引き下げた。トゥルーイスト・セキュリティーズは、ホーム・デポの目標株価を417ドルから406ドルに引き下げ、買い評価を維持した。

これらの調整は、ホーム・デポの財務の健全性と将来の見通しに関するアナリストの解釈を反映している。金利や天候などのマクロ経済要因がもたらす課題にもかかわらず、アナリストはホーム・デポの成長性、特にプロ顧客セグメントにおける成長性に関して楽観的な見方を示している。同社の戦略的イニシアティブと既存の市場環境を乗り切る能力は、将来の財務実績に影響を与える可能性のある重要な要因として注目されている。

これらはホーム・デポの最近の動向であり、金融市場における同社の現状を明確に示している。株主への価値還元に向けた同社の継続的な努力と、市場の課題に直面した際の回復力は、投資家やアナリストから引き続き注目されている。

インベスティング・プロの洞察

ホーム・デポ(NYSE:HD)が顧客体験の向上とデジタル・イノベーションに注力し続ける中、同社の財務の健全性と市場でのポジションを考慮することは重要である。時価総額3,231億8,000万ドル、株価収益率(PER)21.76と、ホーム・デポは専門小売業界の重鎮であり続けている。特筆すべきは、同社が38年連続で配当金を支払い続けてきた実績であり、株主還元へのコミットメントが示されている。

ホーム・デポの一貫した配当成長への献身は、2023年第1四半期時点の過去12ヶ月間の配当7.66%増によって強調されている。これは、14年連続で増配してきた同社の歴史に沿ったもので、信頼できる配当銘柄としての地位を強化している。さらに、同組織は適度な負債水準で運営されており、安定した投資先を探している投資家にとっては好材料だ。

インベスティング・プロのヒントはまた、ザ・ホーム・デポが高い株価純資産倍率で取引されていることを強調している。これは、同銘柄が現在の簿価よりも、市場での存在感と将来の成長性により評価されていることを示唆している可能性がある。さらに、一部のアナリストは来期の業績予想を下方修正しているが、同社は今年も黒字を予想しており、過去12ヶ月間は黒字を維持している。

ザ・ホーム・デポに関するより詳細な分析とさらなる洞察を求める投資家のために、https://www.investing.com/pro/HD で利用可能な9つ以上の追加InvestingProTipsがあります。クーポンコードPRONEWS24をお忘れなく。年間または隔年のプロおよびプロ+購読がさらに10%割引となり、貴重なデータと専門家による分析で投資判断がさらに強化されます。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます