🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

独メルセデス・ベンツ、第3四半期減収減益 販売不振に為替差損

発行済 2023-10-26 15:34
更新済 2023-10-26 15:37
© Reuters.  10月26日、独高級自動車大手メルセデス・ベンツが発表した第3・四半期決算は、納車台数の減少などで減収減益となった。写真は25日、都内で開催されている「ジャパンモビリテ
MBGn
-

[ベルリン 26日 ロイター] - 独高級自動車大手メルセデス・ベンツが26日発表した第3・四半期決算は、納車台数の減少などで減収減益となった。

メルセデス・ベンツ・カーズ部門の通年の調整後売上利益率については予想レンジ12─14%の下限になるとの見通しを示した。

同社は、市場環境は低調で、特に電気自動車(EV)分野での価格競争が顕著だと指摘。各メーカーが特にEV需要を喚起するため、世界中で年間を通じて値下げする中、同社は販売台数よりも利益率改善に重点を置くため、追随しないできた。

メルセデス・ベンツは第3・四半期は、インフレ加速、3億ユーロ超の為替差損、サプライチェーン関連コストなどが利益を圧迫したと説明。

グループ全体の税引前利益(EBIT)は6.8%減の48億ユーロ(51億ドル)、売上高は1.4%減の372億ユーロだった。

カーズ部門の調整後売上利益率は12.4%で、年間予想の下限となった。

小型商用車のバンズ部門は、EBITが44%増の7億1500万ユーロ、調整後の売上高営業利益率が15%となり、好調だった。

© Reuters.  10月26日、独高級自動車大手メルセデス・ベンツが発表した第3・四半期決算は、納車台数の減少などで減収減益となった。写真は25日、都内で開催されている「ジャパンモビリティショー」の同社のブースで撮影(2023年 ロイター/Issei Kato)

メルセデス・ベンツは今月初め、第3・四半期の全世界販売台数が前年同期比4%減少したと発表した。

第3・四半期は納車台数の減少により、自動車関連の売上高は3.8%減少したが、平均販売価格は安定していたという。

今後については、第4・四半期も第1─3・四半期とほぼ同じペースでの販売を見込んでおり、横ばい成長という通期販売目標を据え置いた。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます