40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

午前の日経平均は続落、利益確定 日銀審議委員の発言も影響

発行済 2024-02-29 12:04
更新済 2024-02-29 12:09
© Reuters.  2月29日、午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比254円54銭安の3万8953円49銭と続落した。写真は株価ボード。都内で19日撮影(2024 ロイター/Issei Kato

[東京 29日 ロイター] - 午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比254円54銭安の3万8953円49銭と続落した。前日の米株安が重しとなったほか、月末で利益確定売りが優勢となった。高田創・日銀審議委員の発言で為替が円高に振れたことも、輸出株などの売りにつながった。

日経平均は前営業日比272円安と軟調にスタート。これまで株高を主導してきた半導体関連などハイテク銘柄に売りが出て、指数を押し下げた。331円安の3万8876円81銭まで下落したが、下値を拾う動きもみられ、次第に下げ幅は縮小した。

取引時間中に伝わった日銀の高田審議委員の発言にも相場は反応した。高田氏は滋賀県内で講演し、経済の不確実性はあるものの「2%物価目標実現がようやく見通せる状況になってきた」と述べた。ドル/円が円高方向に振れ、自動車など輸出関連株が売られた。

T&Dアセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト兼ファンドマネージャー・浪岡宏氏は、「高田審議委員の発言で為替相場で円高が進行したことが、前場後半にかけて相場の重しとなったようだ」とみていた。一方、「月末のリバランスの売りが出やすいタイミングではあるものの、売買代金はそこまで膨らんでおらず底堅さもみられる」と語った。

短期的には日柄調整が出やすい一方で、「トレンドとしては4万円に向けた流れは変わらないのではないか」(国内証券・ストラテジスト)との意見もあった。

© Reuters.  2月29日、午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比254円54銭安の3万8953円49銭と続落した。写真は株価ボード。都内で19日撮影(2024 ロイター/Issei Kato)

TOPIXは0.62%安の2658.26ポイントで午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は2兆3128億2300万円だった。東証33業種では、海運、小売、精密機器など4業種が値上がり。電気・ガス、鉄鋼、非鉄金属など29業種は値下がりした。

個別では、主力のトヨタ自動車、ソニーグループが軟調。朝方は売りが優勢だった東京エレクトロン、アドバンテストは小幅高。指数寄与度の大きいソフトバンクグループ、ファーストリテイリングは下落した。

プライム市場の騰落数は、値上がり465銘柄(28%)に対し、値下がりが1138銘柄(68%)、変わらずが53銘柄(3%)だった。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます