🔥 プレミアムなAIの力による株式選択を、InvestingProから 今なら最大50%引き特別セールを請求する

ステランティス社、フィアット500EVとジープ・コンパスのハイブリッドを計画

編集者Natashya Angelica
発行済 2024-05-28 04:51
© Reuters.
STLAM
-
STLAM
-

フィアットの親会社であるステランティスは本日、イタリア・トリノのミラフィオーリ工場で電気自動車500eのハイブリッドバージョンの生産を開始すると発表した。この決定は、同社が世界的な完全電気自動車の販売減速に直面し、生産率の低下と同工場の従業員の一時帰休の延長につながるなかでのことである。

ステランティスのカルロス・タバレスCEOは、トリノでの労働組合代表との会談で、イタリア市場向けに手頃な価格の高品質車を生産する必要性を強調した。同社は、そのような車の手頃な価格は、エネルギーコスト、電気自動車充電インフラの拡大、自動車購入に対する持続的な補助金など、さまざまな外部要因に左右されると強調した。

ハイブリッドモデル導入の動きは、ステランティスのイタリア国内での生産縮小や、フィアットとアルファロメオの一部モデルの海外生産に批判的なイタリア政府との関係改善への一歩とも見られている。

ステランティスは現在、イタリア国内での生産台数を昨年の約75万台から2030年までに100万台に増やす計画についてイタリア政府と交渉している。

FIM-Cisl組合のリーダーであるフェルディナンド・ウリアーノは、ステランティスがハイブリッド500eの生産を2026年第1四半期に開始する計画であることを明らかにした。しかし、具体的な生産目標は明らかにされていない。

Automotive News Europeによると、目標はハイブリッド車12万5,000台を含む500モデルの年間生産台数20万台を達成することであり、これは昨年の生産台数8万台弱から大幅に増加することになる。

ハイブリッドの500eに加え、ステランティスは南イタリアのメルフィ工場でジープ・コンパスSUVのハイブリッド・バージョンを生産することも確認した。さらに同社は、現在ナポリ近郊のポミリアーノで生産しているハイブリッド車フィアット・パンダの生産を、今後の欧州連合の規制次第では2029年まで延長する可能性もある。

この記事はロイターが寄稿した。

この記事は一部自動翻訳機を活用して翻訳されております。詳細は利用規約をご参照ください。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます