最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

ファクトチェック:新規公開株(IPO)を買うべきか

執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)株式市場2019年05月31日 18:11
jp.investing.com/analysis/article-200196970
ファクトチェック:新規公開株(IPO)を買うべきか
執筆: Investing.com (クレメント チボー/Investing.com)   |  2019年05月31日 18:11
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 

IPO(新規株式公開)とは、企業が証券取引所に上場し、マーケットで株式の取引ができるようになることである。一般的に、企業は事業拡大のための資金を市場から調達するためにIPOを行う。

IPO株を買うべきか否かは、難しい問題である。しかしながら、個人投資家にとってIPOは魔法の錬金術ではないことは断言できる。

非公開企業の株主は、創設者や幹部などのインサイダーに加え、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタルなどに限られている。つまり、個人投資家は非公開企業に投資することはできず、業界リーダーになる可能性のある将来有望な企業をただ傍観することしかできないのである。

個人投資家はIPOにおいて不利である

当然のことながら、高く評価されている非上場企業が上場する場合、特に個人投資家の間で大きく話題となる。しかし、個人投資家がIPO企業の成長性に関して適切に情報収集することは難しいと言える。

米国では上場企業はフォーム10Qと呼ばれる四半期業績報告書を米証券取引員会(SEC)へ提出する事が義務付けられており、一般にも公開されている。通常、投資家は10Qを分析することで、投資判断を行っている。多くの場合、S&P 500の構成企業などは少なくとも過去10年分のデータを参照することが出来る。

一方、IPO以前に個人投資家が利用できるデータはフォームS1のみである。フォームS1は企業がIPOする前に、SECへの提出が義務付けられている。

残念なことに、フォームS1から得られる情報は限られている。例えば、5月に上場したウーバーの場合、同社の約10年間にも及ぶ歴史の中で、フォームS1に記されているのは2016年以降の財務情報のみである。

つまり、情報が少ない企業を評価することが難しいだけでなく、IPOの際には個人投資家とインサイダーやVCなどの機関投資家の間には情報の非対称性が存在するのだ。インサイダーやVCなどの機関投資家は創業者とミーティングを行い、一般には公開されていない財務情報を得ることが出来る。IPOでは、圧倒的に個人投資家が不利なのである。

IPO前に行われるロードショーや様々なプレスリリースは、多くの人の関心をIPOへ引き付けることが目的となっている。このことから、個人投資家は本当に考慮すべき情報を見つけることは難しくなっている。

IPO株を購入することは難しい

企業がIPOを行う際には、ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)やモルガン・スタンレー(NYSE:MS)などの投資銀行に引受幹事を依頼することが多い。投資銀行が一旦すべての株式を購入することで、企業は売れ残りを懸念することなく、予定額の調達を確実に達成することが出来る。

一方で、投資銀行に引き受けを依頼しない、直接上場という方法がある。スポティファイ(NYSE:SPOT)やスラック(NYSE:SK)は直接上場を行った良い例である。直接上場のメリットとしては、投資銀行へ払う数百万ドルのフィーを節約することが出来る一方、投資銀行などの安定株主がいないことから、取引開始から数日間は株価が不安定になる。

機関投資家は引受証券会社から事前に決定される公募価格でIPO株を購入することができる。公募価格はIPOが行われる前にメディアが頻繁に報じている。例えば、リフト(NASDAQ:LYFT)の公募価格は72ドルであった。しかし、特に注目されているIPOの場合、個人投資家がIPO株を購入することは難しいだろう。なぜなら、証券会社は割り当てられたIPO銘柄をまず、富裕層やVIP顧客に提供するからである。

したがって、公募価格でIPO株を購入できることはほとんどないと言える。多くの場合、初値は公募価格を上回るので、個人投資家はIPO株を割高で購入せざるを得ないのだ。

IPOのパフォーマンスはまちまち

リスクとリターンは比例するはずであるが、IPOの場合そうなっていない。過去2年間に渡って、IPO株はS&P 500をアウトパフォームできていないのだ。

上述の通り個人投資家はIPO株を割高に購入せざるを得ないことが多いので、公募価格ではなく初値を基準にパフォーマンスを考えていこう。以下の表は2018年と2019年に注目を集めたIPO株とS&P500の比較である。

IPO Performance vs SPX Since the Offering
IPO Performance vs SPX Since the Offering

2018年の大きなIPOは、スポティファイ、アクサ(OTC:AXAHY)、IQIYI(NASDAQ:IQ)、Pinduoduo (NASDAQ:PDD)を挙げている。2019年の大きなIPOはウーバー、リフト、ズーム(OTC:ZOOM)、ピンタレスト(NYSE:PINS)を挙げている。

この表を見る限り、まちまちな結果となっている。2019年のIPOは昨年よりも良く見えるが、2019年のIPOについて決定的な評価を下すには早いだろう。

S&P500と比較して、アウトパフォームするIPOは平均して8.61%高である一方、アンダーパフォームするIPOは平均して23.89%安となっている。ズームのIPOはS&P500を20%アウトパフォームしている一方、スポティファイやPinduoduo、リフトは20%以上のアンダーパフォームとなっている。

このデータは、IPO株への投資には個人投資家が敬遠するボラティリティが伴うことを示している。

総括

IPO株へ投資するか否かは投資家次第である。しかし、IPOに高いリスクが伴うことは明らかである。時間がたてば、多くの情報が利用可能となり、より賢明な判断が下せるようになるだろう。

ファクトチェック:新規公開株(IPO)を買うべきか
 

関連記事

Yosuke Shimizu
先物・オプション戦略週報 執筆: Yosuke Shimizu - 2021年06月21日

先物・オプション戦略週報☆ 日本株式市場 先週の日本市場は買われすぎ銘柄の修正安一服や景気敏感株が買われて上値を試す動きも見られたのだが、週末にかけては手仕舞い売りに押され冴えない...

ファクトチェック:新規公開株(IPO)を買うべきか

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する