最新ニュース
0
広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

個人投資家・有限亭玉介:バリュー株物色の裏で半導体関連株に注目【FISCOソーシャルレポーター】

外国為替2020年11月29日 12:20
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters. 個人投資家・有限亭玉介:バリュー株物色の裏で半導体関連株に注目【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。

フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------※2020年11月24日13時に執筆ファイザー社のワクチン報道からすぐに、モデルナ社のワクチンでも95%近い有効性が確認されたとの発表がありました。

ワクチン接種開始は来年になるとの見通しですが、来年のオリンピックまでには多くの人がワクチンを接種できる状況を期待したいですな。

改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

新型コロナのワクチン開発によって、相場が大きく変動しました。

これまでマザーズを中心とした巣ごもり関連などのグロース株から、バリュー株が物色される状況になっています。

ただその上で、これからはデジタル化が加速してテレワークの普及に見られるような各種高性能デバイスが増えていくことを考えると、あたくしは半導体関連株に注視したいと思っております。

世界的な5G化の潮流を背景としたニーズの多さも期待できますしね。

例えばローツェ (T:6323)に代表される半導体製造装置や、自動車・半導体など幅広い製造装置を手掛ける平田機工 (T:6258)もワクチンの報道後に下値を切り上げております。

FPD分野の落ち込みが懸念されていたマルマエ (T:6264)も底を打って切り返したもようです。

新型コロナワクチン以前より米中貿易戦争の影響を受けていた半導体関連は、米国大統領選でのバイデン氏の勝利によって状況が好転するとの見方もあります。

ファーウェイに対する制裁で日本の半導体関連にもネガティブな影響は出ていましたからねぇ。

保護主義により世界が分断されたことで半導体製造に携わる企業の分業体制を滞らせる要因になりましたが、半導体業界で存在感が強い台湾のTSMC社などを中心に各国で先進的な研究開発が進められたとも言えます。

自動車メーカー及び電気機器メーカーは革新的な半導体を常に求めているでしょうし、DXや電気自動車が広く普及すれば半導体への需要も増加します。

競争が熾烈で国際情勢により移り変わりが激しい業界ではありますが、業界全体の成長は続くと思われます。

半導体市場が拡大すれば、超純水装置を手掛ける野村マイクロ (T:6254)にも思惑があります。

同社は日本だけでなく韓国・台湾からも受注があり、11月13日の決算(2Q)では営業利益が前年同期の4.2倍に拡大して高値追いの展開となっております。

目下では日本の新型コロナ新規感染者が過去最多人数となっており、一刻も早くワクチンの接種を開始してほしいと誰もが望んでいる状況です。

実際にワクチンが有効に作用すれば良いのですが、世界中の人がワクチン接種を望んでいるため、日本人全員に接種するとなれば沈静化までに時間を要するかもしれません。

それでも終息のゴールが見えたことで実体経済は回復へ向かうでしょうし、新型コロナで改めて実感したのは、テクノロジーにより人間は様々な障壁を乗り越えられるという点です。

そのテクノロジーを支えるのは半導体の進化とも言えますな。

中国と台湾の新型コロナの感染状況はかなり低い水準で抑えられていますし、半導体関連銘柄にとっては安心感があります。

今後のトランプ大統領の選挙の訴訟によっては先行きが不透明ではありますが、現状の業績としては好調と言える水準であることは確かです。

国内政治においては、感染拡大により密になるとの批判を避けるためにも解散総選挙は先延ばしになるでしょうし、Go Toなどの政策が打ち切りになれば、旅行関連などに移ったマネーが再びデジタルや巣ごもり関連に戻るかもしれません。

引き続き半導体及びDX関連は監視をしていきたいところです。

さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。

お暇があれば覗いてみてやってください。

愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----執筆者名:有限亭玉介ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

個人投資家・有限亭玉介:バリュー株物色の裏で半導体関連株に注目【FISCOソーシャルレポーター】
 

関連記事

ビットコイン、4万ドル台に上昇
ビットコイン、4万ドル台に上昇 執筆: Reuters - 2021年07月28日

[シンガポール 28日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)のビットコインが28日の取引で4万ドル台に上昇した。 複数の著名投資家の最近の前向きなコメントを受けて、トレーダーの...

人民元、対ドル基準値は3カ月ぶり元安水準
人民元、対ドル基準値は3カ月ぶり元安水準 執筆: Reuters - 2021年07月28日

[上海 28日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は28日、人民元の対ドル基準値を4月23日以来約3カ月ぶりの元安水準に設定した。前日の元相場が中国株急落を受けて軟調だった...

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち
NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち 執筆: Reuters - 2021年07月28日

[ニューヨーク 27日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate. All CFDs (stocks, indexes, futures) and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Therefore Fusion Media doesn`t bear any responsibility for any trading losses you might incur as a result of using this data.

Fusion Media or anyone involved with Fusion Media will not accept any liability for loss or damage as a result of reliance on the information including data, quotes, charts and buy/sell signals contained within this website. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible.
Googleから登録する
または
メールで登録する