最新ニュース
Investing Pro 0
サイバーマンデーセール、最大54%引きでInvestingPro+ 特典の請求

品川リフラ Research Memo(2):環境配慮型製品・サービスで顧客企業のCO2排出量削減を支援

株式 2022年06月30日 15:30
保存されました。保存したアイテムを参照してください。
この記事はすでにあなたの保存したアイテムに保存されています
 
© Reuters.
 
5411
-3.04%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
5351
-0.50%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
5352
-0.20%
ポートフォリオに追加/削除する
ウォッチリストに加える。
ポジションを加える

ポジションが以下に追加されました。

お持ちのポートフォリオに名前をつけてください
 
■会社概要

1. 会社概要
品川リフラクトリーズ (TYO:5351)は、1875年に民間企業として初めて耐火煉瓦を製造した。
以来、鉄鋼をはじめ非鉄金属、セメント、ガラス、焼却炉、ごみ溶融炉、ガス・電力など日本の産業基盤に各種の耐火物や装置を提供してきた。
単体の顧客業種別では、売上高の8割以上が鉄鋼業向けで、残りは焼却炉やセメント、その他になる。
耐火物市場で黒崎播磨 (TYO:5352)と双璧を成し、世界でも五指に入る規模である。
近年はグローバル展開を進め、海外売上高比率は2022年3月期において20.0%となる。


2. 沿革
同社は、2009年10月に品川白煉瓦(株)とJFE炉材(株)が合併してできた。
社名の品川リフラクトリーズの「リフラクトリーズ」は、英語の“refractory”(耐火物)の複数形に由来する。
品川白煉瓦は1875年に創業し、民間として日本で初めて耐火煉瓦の製造を開始した。
鉄鋼業界は世界規模の競争が激化したことから業界再編が起こり、高炉メーカー5社のうち、2002年9月に日本鋼管(株)と川崎製鉄(株)が合併してJFEホールディングス (TYO:5411)に、2012年10月には新日本製鐵(株)と住友金属工業(株)が合併して日本製鉄(旧 新日鐵住金(株))となった。
日本鋼管と川崎製鉄系の耐火物メーカー同士が事業統合してできた同社は、2022年3月末時点でJFEホールディングス傘下のJFEスチール(株)が34.0%を所有する。


JFEスチールは非上場だが、完全親会社のJFEホールディングスが上場会社になる。
同社は、JFEスチールの持分法適用会社に位置付けられているが、役員の兼務はない。
人材交流と業務遂行の補完のため、JFEスチールから出向者を受け入れている。
ただし、両社間の取引は、一般取引先と同様に個別交渉で行う。
経営は同社独自の判断に基づき実行しており、事実上の制約がなく、一定の独立性は確保されていると考えられる。


同社設立は1875年に遡り、1949年に東京証券取引所第1部に株式を上場した。
、市場区分の見直しにより、2022年4月以降は新たな区分となる「プライム市場」に移行した。


3. 環境方針
カーボンニュートラルへの取り組みは、全世界的な環境課題となっており、2020年10月に、日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの目標を掲げた。
2021年4月には、長期目標達成のため、2030年までのCO2排出量削減目標を2013年度比で従来の26%減から46%減へ引き上げた。
産業部門は、排出量削減幅が旧目標の7%減から38%減へと大きく拡大した。


サプライチェーンの観点から、全産業でCO2排出量削減の動きが加速している。
同社は、基本方針として「環境保全先進企業」を目指し、地域及び地球環境保全を企業活動の重要な柱の1つと捉え、全社を挙げて取り組むことを掲げている。
購買・生産・販売・物流・技術開発などすべての企業活動においてライフサイクルを考慮し、持続可能な資源の活用や省エネルギー・リサイクル・再使用・汚染の予防・廃棄物の削減等、環境負荷低減と環境パフォーマンスの向上に努めている。


同社自身もさることながら、エネルギーを大量に消費する顧客企業へCO2排出量削減に貢献する製品及びサービスを提供することが、同社の重要な役割であると認識している。
日本の鉄鋼業は製造過程におけるエネルギー効率が高いものの、2018年度のCO2排出量は鉄鋼部門が産業部門の中では4割と最も高く、日本全体の約14%を占めている。
同社はグループ企業間の連携強化による「耐火物技術と断熱材技術の融合」を図ることによって、顧客企業の環境課題に対するソリューションの提供を指向している。


同社の主要顧客であるJFEホールディングスは、2050年カーボンニュートラルの実現を目指した「JFEグループ環境経営ビジョン2050」を策定した。
鉄鋼事業においては、2024年度末のCO2排出量削減を2013年度比18%減、2030年では同30%以上の削減を目標とする。


排出量の算定が「自社の排出」から上流・下流をカバーする「サプライチェーン全体」に広がっているため、排出量の削減が競争要因となる。
欧州の自動車メーカーは、サプライヤーへ部品生産時のカーボンニュートラル実現を要望しており、将来未達の企業を取引先から除外する方針を発表している。
主要な自動車部品メーカーは、早期のカーボンニュートラル実現を打ち出した。
日本製鉄は、2023年度からCO2排出量が実質ゼロの「カーボンニュートラルスチール」を発売することを発表した。
対象製品は、電動車のモーターに使用される電磁鋼板や自動車用鋼板になる。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

品川リフラ Research Memo(2):環境配慮型製品・サービスで顧客企業のCO2排出量削減を支援
 

関連記事

ホンダの中国合弁、武漢の自動車工場を28日停止
ホンダの中国合弁、武漢の自動車工場を28日停止 執筆: Reuters - 2022年11月28日

[東京 28日 ロイター] - ホンダは28日、中国合弁会社・東風本田汽車の武漢工場の稼働を同日取り止めた。新型コロナウイルスの影響で周辺が封鎖され、従業員が出社できないため。ホ...

意見を投稿する

コメントガイドライン

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。

我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意:スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語でのコメントのみ許されています。

スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing.comの裁量により今後の登録が禁じます。

あなたの考えをここに書いてください
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
:にも投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントをありがとうございます。担当者が承認するまでコメントは掲示されません。掲示されるまで少しだけお時間がかかります。
 
本当にこのチャートを削除しますか
 
投稿する
 
添付のチャートを新しいチャートと置き換えますか?
1000
良くないユーザーレポートのために、現在コメントすることができません。このステータスは当社モデレーターが再確認します。
1分待ってから再度コメントしてください。
コメントにチャートを挿入する
ブロックを確認

本当に%USER_NAME%をブロックしたいですか。

ブロックすると、あなたと%USER_NAME%はお互いのInvesting.comへの投稿を見ることができなくなります。

%USER_NAME%は無事ブロックリストに追加されました

この人のブロックを解除したばかりなので、再度ブロックするには48時間待つ必要があります。

このコメントを報告してください

このコメントについて下記のように感じます

コメントに印がつきました

ありがとうございます!

報告は、確認のため管理担当に送られました
Googleから登録する
または
メールで登録する