40%引きでご購読
新規!💥 ProPicksを手に入れ、S&P 500を1,183%を超える投資成績を実現した、戦略をご覧ください40%割引で開始

アップルに制裁金20億ドル、EU 音楽配信で競争阻害 不服申し立てへ

発行済 2024-03-05 00:59
更新済 2024-03-05 02:09
© Reuters. 欧州委員会は米アップルがEU競争法に違反すると断して制裁金18億4000万ユーロを科すと発表した。2016年撮影(2024年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

Foo Yun Chee

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は4日、米アップルがEU競争法(日本の独占禁止法に相当)に違反すると判断して制裁金18億4000万ユーロ(20億ドル)を科すと発表した。音楽ストリーミングサービスを巡り、自社のアプリ市場「アップストア」以外での支払い方法をユーザーに通知することを妨害したと判断した。

アップルによる妨害と、アップストアを通じた決済に対して30%の手数料を課していることは競争法違反に当たると音楽配信大手スウェーデンのスポティファイが2019年に申し立てていた。  

アップルは「欧州委が消費者にもたらす害について信頼できる証拠を何ら明らかにできなかったにもかかわらず、決定された」としてEUの決定を批判し、不服申し立て手続きに入ると表明した。ただ、手続きは数年を要する公算が大きい。

最終的な決着が付くまで、アップルは罰金を支払う必要がある。

アップルの株価は約2.7%下落した。

ロイターは発表前に関係筋の話として、欧州委が5億ユーロの制裁金を科すとの見通しを報じていた。実際に科した制裁金の18億4000万ユーロは、アップルの通期売上高の0.5%に相当する。

© Reuters. 欧州委員会は米アップルがEU競争法に違反すると断して制裁金18億4000万ユーロを科すと発表した。2016年撮影(2024年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

欧州委のベステアー上級副委員長(競争政策担当)は声明で「アップルは10年にわたり、アップストアを通じて音楽ストリーミングアプリを配信する市場での支配的地位を乱用してきた」と批判。「アップルのエコシステム以外で利用できる、より安価な音楽サービスを開発者が消費者に知らせることを制限した。これはEUの競争法下では違法だ」と説明した。

スポティファイはEUの決定を歓迎。同時に「音楽ストリーミング以外の市場での開発者に対するアップルの誤った行動は解決されない」とし、問題は残されているという見方を示した。

また、IDCのアナリストは、罰金の規模は巨額であるものの、アップルの保有現金に即座に影響が及ぶ可能性は低いという見方を示した。

最新のコメント

当社アプリをインストール
リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。
上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。
© 2007-2024 - Fusion Media Limited. 無断複写・転載を禁じます